ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
イワンのむすこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

イワンのむすこ

  • 絵本
作: 蜂飼 耳
絵: ささめや ゆき
出版社: 河出書房新社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「イワンのむすこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年09月
ISBN: 9784309909172

ハモニカブックス

出版社からの紹介

詩人・蜂飼耳が「いちばん好きな絵描きさん」ささめやゆきとコンビを組み、生み出した絵本。純真なイワンは権力者となり過去の王の過ちを繰り返す、やがてそのむすこが……。

ベストレビュー

「この子を イワンと なづけよう」

ちょっと昔話風のお話でした。これは全くの創作なのかな〜?似たような昔話は聞いたことがあります。

ささめやさんの絵に最近とても惹かれます。イラストがささめやさんだったので、読んでみました。
内容的に小学校の4年生以上なら理解できるかな。
どちらかというと小学校高学年から中学生・高校生に読んでもらいたいです。

主人公のイワンは、幼少の頃は頭の回転のいい、物事への理解も深い心優しい人だったのに、大人になり王様になったことで、心がマヒしてしまったんですね〜。
「ただそこに“王”としている」だけの人になってしまったようです。蜂飼さんさんのこのあたりの表現力はすごいな〜と、思いました。

そして、どのページにもささめやゆきさんの素敵なイラストが、物語の世界を広げてくれています。
個人的に好きなページは、イワン王様の花嫁となる少女が初めて描かれているところ。
いかにもロシア娘だな〜って、雰囲気がよかったです。
文として好きなところは、最後から2ページ前の

 この子は まだ いいことも わるいことも 
 なんにも しらないんだと きづいたんだ。
 王さまは つぶやいた。
 「この子を イワンと なづけよう」
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

蜂飼 耳さんのその他の作品

はじまりの はな / ゆきがふる / 9月のおはなし お月見テンテン / くらやみこわいよ / くるみわりにんぎょう / クリーニングのももやまです

ささめや ゆきさんのその他の作品

おとうさんは、いま / 三方一両損 / バイバイ、わたしの9さい! / なかよくなれたね / 椅子 しあわせの分量 / あひるの手紙



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

イワンのむすこ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット