だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
ぼくとせかいのどこかのなにか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとせかいのどこかのなにか

作・絵: むとう だいじろう
出版社: 扶桑社

本体価格: ¥1,400 +税

「ぼくとせかいのどこかのなにか」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

「第2回 Be絵本大賞」受賞作!

覚えにくいタイトルが気に入ったようで、娘たちは何度も繰り返しタイトルを唱えて楽しげでした。おかげでようやく見なくてもタイトルが言えるように(笑)

主人公「ぼく」のなにげない日常の行動…そのひとつひとつが、自分以外の人や何かに影響を与えていて繋がっているとしたら?と、ちょっと哲学的な思想を感じるお話です。でも、そう考えると自分がおこす行動には意味があって責任を持たなくてはっ!と思えてきます。

そんな大人の気持ちはさておき、娘たちは色鮮やかで海外チックな絵と「ぼく」の想像を単純に楽しんでいましたよ。
(はなたま*さん 30代・ママ 女の子11歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

ぼくとせかいのどこかのなにか

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット