貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
約束
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

約束

作: 村山由佳
出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「約束」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

自分との「約束」

村山由佳さんのノスタルジックな物語。
少年少女には少し早いかもしれない、過去形物語。
でも、多分自分の親の子ども時代に、親も自分と交わした「約束」を胸に生きているんだと感じられる、清々しい物語だと思います。

主人公の生まれたのは、昭和51年。
冒頭に出てくる様々な事件や出来事がフラッシュバックしてきましたが、自分より一回り以上下の世代が、同じように懸命に生きてきたことを感じます。

そんな時代に生まれ育った仲良し四人組の一人が病気で死んでいきます。
4人は、タイムマシンを作って、病気を治すんだと約束します。
必死に友だちを思う自分たちにとって、空想は祈りでもありました。
ひたむきさに呑みこまれて、滑稽さは感じません。

そして、その約束が過去形になりました。
でも主人公は心の中に「約束」がしっかり残っているのです。

子どもたちは、今を一生懸命生きているのだと思うけれど、この「今」が将来にとってとても大事なものなのだと、そう感じてほしいと思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村山由佳さんのその他の作品

いのちのうた



『たぬきがのったら へんしんでんしゃ』 <br>田中友佳子さんインタビュー

約束

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット