もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
山の神と琵琶法師
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

山の神と琵琶法師


出版社: 一声社

ベストレビュー

語り継がれる目の見えない琵琶法師

真川精太さんという目の不自由な方が 盲人の為に民話や伝説を点字で本を出版されたお話のなかから この絵本を作られたのです
井出さんの切り絵もこのお話にピッタリです

くのいちという 琵琶法師がおったト・・・ その琵琶の音は 小鳥たちでさえ鳴くのをやめ ききほれるほどだったとナ
このおはなしは 語りで聞いてみたいと思いました
その情景が 目に見えるようです。

琵琶法師は、びわの勉強をしようと 都へ出かけるのですが・・・・途中で山には入り、琵琶をならすのです。
そして山の神から、琵琶のお礼にあんころ餅をもらいました。

 山神さまだと思って 心からお礼をいいます
オオカミや 狐さえもくのいちの 琵琶に聞き惚れたのでしょう
背中に乗せて送ってくれるのです。

目が見えないので、不自由だと 村人たちにも助けられ 都まで送ってもらうのです 

そして 都で勉強してますます 琵琶が上達し びわの名人となるのです
 くのいちが あまりにいい人だったから みんなが 優しくしてくれたのですね
人の優しさは 生きていく上で大事なことですし くのいちの琵琶の音色があまりにも 美しくて みんなの心を優しくしたのかも知れません

このお話を 目の見えない人にも語り継ぎたいと点字にされた 真川さん 
このお話を 耳で聞く、語りで伝えるのも 良いと思いました  
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



SNSで大反響“1歳半ぐらいの子どもの行動”あるある〜!

山の神と琵琶法師

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット