庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
名探偵夢水清志郎事件ノート(6) 機巧館(からくりやかた)のかぞえ唄
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

名探偵夢水清志郎事件ノート(6) 機巧館(からくりやかた)のかぞえ唄

  • 児童書
著者: はやみねかおる
画家: 村田四郎
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥650 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年06月
ISBN: 9784061484825

小学上級から
サイズ:新書判
ページ数:262

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

機巧館(からくりやかた)でひらかれたパーティーのとちゅうで、老推理作家が消えた。そして、作家が消えるまえにつぶやいた呪文のようなかぞえ唄どおりにつぎつぎと事件がおこり、亜衣の身にも危険がせまる……。読者をあっといわせる結末が待つ「夢の中の失楽」をはじめ、こわい(?)話から赤ちゃん騒動まで、ボリューム満点の名探偵夢水清志郎(ゆめみずきよしろう)事件ノート第6作。

密室からの人間消失――。不思議なかぞえ唄のとおりにおこる出来事――。まるで深い霧の中を歩いているような、夢の中で話しているような、とらえどころのない感じがする今回の事件だけど、いつも夢の中にいる夢水探偵には、お似合いの事件!?

ベストレビュー

どこまでが真実か?

悪くはないけど、どこまでが物語でどこまでが本物か、分かりにくく、ちょっと今回のは読みにくかったです。

番外編的な感じでラストに出ていた赤ちゃん、創人くんの部分では珍しく夢水探偵が怖い顔をします。でもその理由は本当に納得いくものです。子供を捨てたり、誘拐のふりしたり、、、。子捨ては許せません。

ラストは良かったです。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はやみねかおるさんのその他の作品

都会のトム&ソーヤ ゲーム・ブック「館」からの脱出 / 都会のトム&ソーヤ(11) <DOUBLE>(上) / 都会のトム&ソーヤ(11) <DOUBLE>(下) / 講談社青い鳥文庫 ぼくと未来屋の夏 / 4月のおはなし ドキドキ新学期 / 都会のトム&ソーヤ ゲーム・ブック 修学旅行においで

村田四郎さんのその他の作品

名探偵夢水清志郎事件ノート 卒業〜開かずの教室を開けるとき〜 / 名探偵夢水清志郎事件ノート ハワイ幽霊城の謎 / 牛若丸は名探偵! 源義経とタイムスリップ探偵団 / オリエント急行とパンドラの匣 / 女王さまは名探偵! ヒミコとタイムスリップ探偵団 / 講談社青い鳥文庫 大泥棒は名探偵!ねずみ小僧次郎吉とタイムスリップ探偵団



ハッピーなおやすみのえほん!

名探偵夢水清志郎事件ノート(6) 機巧館(からくりやかた)のかぞえ唄

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット