ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
ゆうかんなうしクランシー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆうかんなうしクランシー

作・絵: ラチ−ヒューム
訳: 長友 恵子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「ゆうかんなうしクランシー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784097263203

A4判/32頁

出版社からの紹介

オーストラリアの牧場に、黒白もようのシロオビ・ギャロウェイ族と、赤白もようのヘレフォード族が住んでいた。二つの種族は、年に1回開かれるレスリング大会で勝った方が、牧草がたくさんある牧場に住めることになっていた。でも、シロオビ・ギャロウェイ族は、毎年負けてばかりいたので、みんなやせっぽちだった。 
 ある日、シロオビ・ギャロウェイ族の中に、体じゅう真っ黒な牛、クランシーが生まれた。クランシーは、みんなから仲間はずれにされて育った。
 ある晩、クランシーはヘレフォード族の牧場に、こっそりしのびこんだ。そうしたら、だれにも見つからなかった。なぜなら、クランシーは真っ黒なので、暗闇にすっかりとけこんでいたから! そして、クランシーはだれにも見つからずに、毎晩おいしい牧草をたっぷり食べて、どんどん大きくなった。
 そしてレスリング大会の日がやってきた。クランシーは、対戦相手を、あっという間に倒してしまった! シロオビ・ギャロウェイ族の牛たちは、へレフォード族の牛たちを、豊かな牧場から、追い出そうとした。そのとき……。

ベストレビュー

モ〜〜〜、ノックアウトされました!

 モ〜〜〜、ノックアウトされました!
 なんと作者12歳の時の作品だそうです。
 小学校の自由研究で作った物語なんだそうです。

 表紙絵の牛らしき絵から、なんか愉快そうなお話だなとは思いましたが、こんなに笑わせられるとは、ホント笑いました。

 扉絵前の献辞から、フフフです。
 主人公は、シロオビ・ギャロウェイ族の牛の子クランシー。
 彼が生まれた時、胴の周りに白帯のような模様が無かったので、両親は、ガッカリ。でも、心から彼を愛していました。
 でもでも、やっぱり真っ黒な毛の彼は、仲間はずれ。
 このあと、胴の周りを白くしようと彼が努力する姿が愉快で大笑いしました。

 シロオビ・ギャロウェイ族の仲間は威張っていたけれど、体はそれほど大きくなかった。
 毎年行われるレスリング大会で、ヘレフォード族に負け牧草の少ない牧場にしか住めなかったから、体が大きくなれず毎年負けの悪循環。
 クランシーは、真っ黒な体だったので、闇にまぎれて夜にヘレフォード族の牧場へ豊かな牧草を食べに行っていた。
 そしたら、体がみるみる大きくなって、レスリング大会へ、・・・。
 この後のクランシーのレスリングの練習のページで、出てくる技(ウシガタメ・ヒズメタックル・ウシフウシャ等々)に大爆笑です。
 
 さて、クランシーが勝ったか、エンディングは読んでのお楽しみという事で、・・・。

 コンプレックスを自信に替え、仲間に頼もしく思われていくクランシーの姿が素敵です。
 恋あり戦いあり、そして共生ってことまで教えてくれます。
 ん〜〜〜、やっぱり名作です。
 作者さんのその後の経歴を読み、やはり魅力的な方だな〜と思いました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長友 恵子さんのその他の作品

あなの なかには… / オオカミさん、いまなんじ? / ともだちはすんごくすんごくおっきなきょうりゅうくん / おうちにいれちゃだめ! / ミミちゃん どーこだっ? なつやすみ / ピーターと象と魔術師



ねえ、「コワイ」って、もってる?

ゆうかんなうしクランシー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット