だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
マーシャと白い鳥
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マーシャと白い鳥

  • 絵本
絵・訳: 出久根 育
再話: ミハイル・ブラートフ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784039638601

対象年齢:5・6歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

白い鳥にさらわれた弟をつれ戻すため、マーシャはひとりで森へ向かいます。しかし森の奥には、魔女がいるのです。ロシアの民話。

ベストレビュー

ロシア民話の神髄

広く伝わっているロシア民話です。

 少女マーシャは両親が街に出る間、赤ん坊の弟を見ておくようにいわれます。しかしマーシャは遊びたい盛り。友達のところへ行っている間に弟は白い鳥たちにさらわれてしまいます。
マーシャは弟を取り返すために白い鳥の行方を追います。
道中、ペチカ・リンゴの木・ミルクの小川にそれぞれ情報を提供する代わりに労働を要求されます。
それをマーシャはこなします。

そして、行き着いた先はババヤガーの家。マーシャの冒険はいかに??

 挿絵がとても美しいです。日本の方が描かれたのですが、ロシアらしさが出ていてまるでシャガールの絵のよう。懐かしくてあたたかく郷愁を感じさせます。繊細な色遣いがとても綺麗です。

 ババヤガーはロシア民話に欠かせないキャラクター。日本で言うところの「鬼」や「山姥」ですが、とてもユニークなキャラクター造形です。
(ロシア民話を読んでいると、誰かの親戚として登場したりします。面白い家と乗り物が特徴です。)

 このお話はとてもわかりやすい教訓に満ちています。
自分の過失のために起こってしまう大きな災難。
取り返すための苦労。そして「情けは人のためならず」。。

叙情あふれる挿絵に、風変わりな登場人物。面白いストーリー。ためになる教訓。

おすすめです。
(ひよこまめさん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ミハイル・ブラートフさんのその他の作品

笛ふきイワーヌシカ / ちいさなおうち

出久根 育さんのその他の作品

岩波少年文庫 お静かに、父が昼寝しております ユダヤの民話 / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / トロルとにひきのいたずらこやぎ / あめふらし / にひきのいたずらこやぎ / クレヨンマジック



ねえ、「コワイ」って、もってる?

マーシャと白い鳥

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット