あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
えんの松原
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

えんの松原

作: 伊藤遊
絵: 太田 大八
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年05月
ISBN: 9784834017588

自分で読むなら・ 小学高学年から
ページ数: 408 サイズ: 21X16cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

平安中期、栄華の都のまん中に怨霊たちが棲んでいた。祟りをうけた皇子・憲平と女装の少年音羽は、過酷な運命を背負った少女の霊を求めて、深く暗い闇へと分け入ってゆく……。

ベストレビュー

面白いから、読んで!

出版社の書いているあらすじを読んで読みたくなりました。
伊藤遊さんの「平安朝ファンタジー」です。
カバーの絵は「太田大八」さんの絵でした。
作品中の登場する怪しげな鳥たちの姿が描かれています。

ストーリーも面白かったし、主人公の音羽(丸)や東宮の憲平はとても魅力的なキャラクターだったし、伴内侍も味わいのあるいいおばさんで読んでいて楽しかったです。
この作品は図書館で借りてきたのですが、2001年に発売・(図書館で)購入されたようなのに、とてもきれいな本でした。
すごく素敵な面白い話だったのに、あまり読まれている形跡がないんです!!
残念です。もったいないなぁと、思いました。

読んでみて損はない作品です。
それなりにページ数はありますが、面白くてあっという間に読めてしまいました。

平安時代ならではの「怨霊」とか普通に出てきますから、まずは怖い話が好きな人にお薦めできます。
また訳あって、女装して内裏の女童として働いる主人公の動きや発想の面白さも見ものですから、そういったコミカルなやり取りの部分が好きな人にもお薦めです。
小学校の高学年くらいから、中学・高校生くらいのお子さんたち、お薦めですよ!
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


伊藤遊さんのその他の作品

福音館文庫 えんの松原 / ポプラ文庫ピュアフル となりの蔵のつくも神 / 狛犬の佐助 / きつね、きつね、きつねがとおる / つくも神 / ユウキ

太田 大八さんのその他の作品

くもの巣とり / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本 / くらす 五感のえほん5 / どうぶつたちのおかいもの / 笠地蔵 / 花さかじい 日本のむかし話



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

えんの松原

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット