もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
イボイボガエル ヒキガエル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

イボイボガエル ヒキガエル

作・絵: 三輪 一雄
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「イボイボガエル ヒキガエル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784033121406

対象年齢:5・6歳から

出版社からの紹介

みんなから「気持わる〜い!」といわれても、なんのとりえもないといわれてもしぶとく生きるヒキガエルの生き方にエールを送る本。

ベストレビュー

ヒキガエルにシンパシーを抱くかも

まず、表紙のインパクトが凄いです。なんとも憎めない良い味をしているものの、嫌われものであるヒキガエルがこっちを睨んでいます。
カエル嫌いのお母さんはまず手に取らないでしょう。
でも、偏見のない子供達は素直に面白がると思いますので、ぜひ中を開けて子供の反応を見て頂きたい。
内容は、可愛いアマガエルとの対比をしつつ、ヒキガエルの嫌われる理由や特性を描いているのですが、読み終わってから再度表紙を見ると、ヒキガエルの目が達観した哀愁を帯びてるように見えるから不思議。
いろいろなカエルの生態や違いも交えてあり、「目のうしろのふくらみにもっとも毒が入っている」など表紙裏のガマガマ新聞で雑学も得ることが出来るので、子供だけでなく大人が読んでも面白いはず。

作も絵も著者ということで只者じゃないなと思ったら、他にも『ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん!!』という嫌われものの絵本を出しているようです。
(ジンジャーさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

三輪 一雄さんのその他の作品

ぼくたちいそはまたんていだん / 石の中のうずまきアンモナイト / しおだまり / なっとうくん西へいく / ぐるぐるうずまき / のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト



独特の造形と色彩の世界観を楽しんで!

イボイボガエル ヒキガエル

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.69

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット