ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ふうれんこのはくちょうじいさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふうれんこのはくちょうじいさん

  • 絵本
作・絵: 井口文秀
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふうれんこのはくちょうじいさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年01月25日
ISBN: 9784338016018

幼児から
24×25cm/35ページ

出版社からの紹介

戦後30年以上にわたって、白鳥の保護にすべてを投げうった一人の老人。北海道を舞台に、はくちょうじいさん、工藤さんの半生をえがく。第2回絵本にっぽん大賞。

ベストレビュー

生と自然と、色々と考えさせられた作品

絵本にっぽん大賞。戦後間もなくの頃の風蓮湖で白鳥保護活動をした老人の物語です。

この絵本で、白鳥が色々な悲劇に見舞われている姿を知りました。人間に撃たれたり、自然の驚異にさらされたり。

特に自然は厳しいなと感じたのは、湖に足ごと凍りつかされてしまった白鳥の場面です。
そしてその傍らには、その白鳥を思い離れられなくなり、やはり同じように凍り付いてしまった白鳥。

はくちょうじいさんという、この工藤さんはそういった白鳥を助けてあげていたのですが、いつの間にか周囲を巻き込んで白鳥を助けるようになります。

そこでふと私にそれでいいのだろうかという迷いが生じました。

白鳥を助けたいという思いは悪い事ではないでしょう。

ただ、大変厳しい自然、生も死もそのなかにあって、人の力でそれをコントロールしようということは、果たして良い行為なのかどうか。。。
工藤氏の功績は功績として、そこに多数がよりかかってしまっていいものかどうか。

奇しくも、工藤氏自身も、作品のなかで白鳥センター建設の下りで逡巡する場面が見られます。

恐らく一人でやっていた頃には感じなかった、人間の傲慢さというか恐ろしさを途端に思い知ったのではないでしょうか。

私は絵本を読んだあと、そんな自分の迷いをあますところなく子供につたえました。

子どもは非常にまっすぐな瞳で『いいんだよ!白鳥を助けることはいいことなんだから!』と言ってました。

大人と子供で見解の相違がわかれた作品でした。
(アマアマ47さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

井口文秀さんのその他の作品

おへんろさん / くらげほねなし / ベトちゃんドクちゃんからのてがみ / かよこ桜 / きんの まど / くろべのツンコぎつね



『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

ふうれんこのはくちょうじいさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット