だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
まどさんとさかたさんのことばあそび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まどさんとさかたさんのことばあそび

  • 絵本
作: まど みちお/坂田 寛夫(詩)
絵: かみや しん
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年11月
ISBN: 9784338060196

幼児から
25×19cm/55ページ

出版社からの紹介

子どもたちに親しまれている童謡「ぞうさん」のまど・みちお、「さっちゃん」の阪田寛夫のたのしい詩。ユニークな発想でくりひろげる。

第40回産経児童出版文化賞美術賞。

ベストレビュー

まどさんと阪田さんって、感性が似てるかも

まどさんの詩も、阪田寛夫さんの詩も大好きです。
普通詩の絵本などにはその詩を編集した人の名前が書いてあるものですが、この絵本にはなぜか絵を描いた「かみやしん」さんの名前しか載っていませんでした。
元々は「こどもの光」という会報に載っていたもののようです。

この絵本で紹介されている詩を読んで、まどさんと阪田さんは詩の感性に似ているとこがあるんだな〜と、思いました。
同じようなタイトルで、同じような切り口の詩がありました。
ここではあえて、交互に似たような詩を取り上げていたようです。

阪田さんの詩の中でも特に好きな『そうだ村の村長さん』が載っていました。
お話会の時間調整にこれをやると、小学生くらいの子どもたちがものすごくのってきて楽しんでくれます。
他にも楽しい詩がたくさん載っているので、興味のある人は一度読んでみてください。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

かみや しんさんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / あなたはだぁれ / ひもが つくる かたち / 偕成社文庫 少年の日々 / 犬どろぼう完全計画 / とげとげ おなもみ くっつきたーい



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

まどさんとさかたさんのことばあそび

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット