バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
<よりみちパン!セ> こども東北学
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

<よりみちパン!セ> こども東北学

  • 児童書
作: 山内 明美
絵: 100%ORANGE/及川賢治
出版社: イースト・プレス イースト・プレスの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「<よりみちパン!セ> こども東北学」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年11月
ISBN: 9784781690209

サイズ:B6

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

忘れられてきた東北、語られなかった日本

原子力発電所の爆発は今後、いうまでもなく、福島、「東北」のみならず日本の大部分を何がしかのかたちで覆い尽くしてゆく。土地の汚染にはじまり、食物の汚染が連鎖していくことも必至だ。本書では、「東北」に現在も住まう子どもたちと、「東北」から一見遠く離れているかのように見える若い人たちを主な読者として、語られなかった驚くべき東北史の数々を中心として、東北の、そして未来の日本をやさしく、真摯にさぐる。

ベストレビュー

東北のこと

 東北って、やっぱりネガティブなイメージがあるのでしょうか。
 昔は、野蛮人が住んでいるところでした。

 やわらかなさりげない言葉で、あまり語られることのなかった歴史を書かれているのがよかったです。わずか数十年前まで、子ども、特に女の子が学校に行くのがあたりまえではなかったのです。
 若い女性目線での東北学は新鮮でした。農業を体験されているからこその言葉が、ひびいてきました。

 私は「裏日本の、陸の孤島」とまで言われたことのあるところに住んでいますが、コンプレックスは感じたことがないです。空気と水と米がおいしい、これだけで幸せ。
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


100%ORANGE/及川賢治さんのその他の作品

<よりみちパン!セ>「キモさ」の解剖室 / <よりみちパン!セ> あのころ、先生がいた。 / <よりみちパン!セ>恋と股間 / <よりみちパン!セ> 生きのびるための犯罪 / <よりみちパン!セ> この世でいちばん大事な「カネ」の話 / <よりみちパン!セ> オンナらしさ入門(笑)



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

<よりみちパン!セ> こども東北学

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット