庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
死ぬ気まんまん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

死ぬ気まんまん

作: 佐野 洋子
出版社: 光文社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

「あたし、まだいーっぱい
言いたいことがあるのよ」

私は闘病記が大嫌いだ。
それからガンと壮絶な闘いをする人も大嫌いだ。
ガリガリにやせて、現場で死ぬのが本望
という人も大嫌いである。
(「死ぬ気まんまん」本文より)

ベストレビュー

潔さ

「100万回生きたねこ」の作者佐野洋子さんが、乳がんの手術後骨に転移、余命2年と告げられつつもそれ以上に寿命を延ばし、面白おかしく自分の「死」に対する考えをエッセイや、対談形式で紡いだお話になってます

佐野さんはがんの転移よりも、精神的な病により体中が痛くて、食欲もなかった頃が一番きつかったと、この中で述べています

「生きることや死」に対して自分らしくさばさばとした感覚ではっきりと言い切る潔さが、読んでいてもすがすがしい感じです
大人の読み物ですが、絵本とまた違った味わいがあり、お勧めです
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐野 洋子さんのその他の作品

ねこ いると いいなあ / おとうさんおはなしして / おいで、もんしろ蝶 / おばけサーカス / パンツのはきかた / 佐野洋子対談集 人生のきほん



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

死ぬ気まんまん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット