しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
メイはなんにもこわくない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

メイはなんにもこわくない

  • 絵本
作: きむら ゆういち
絵: あべ 弘士
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年11月
ISBN: 9784062785068

出版社からの紹介

こわいもの知らずのメイは、迷子になってもへいきな顔。
後ろから、たくさんのオオカミがついてきているとも知らずに……。
「あらしのよるに」の主人公、ヤギのメイの子ども時代が絵本に!

メイはなんにもこわくない

ベストレビュー

オオカミさん、なんてお気の毒

あらしの夜、ガブと出会って、不思議な運命をたどるメイが子どもの頃のお話です。
メイは元気で明るい子ヤギです。おかあさんを亡くしたメイは、おばあちゃんに育てられました。いつも危ない思いをするメイの様子を心配しているおばあちゃんですが、メイは、どんな時でも、絶妙なタイミングで難を逃れるのです。
この頃のメイの様子から、ガブとのやり取りがつながってくるお話です。それにしても、なんて運の強いメイなんでしょう。逆に、おおかみさんが気の毒に思えてくるほどでした。
ハラハラドキドキの『あらしの夜に』シリーズとは対称的なお話で、明るい気持ちで読むことができました。
(おしんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きむら ゆういちさんのその他の作品

あいたくなっちまったよ / へんがおあそび / うんどうかいがなんだ! / そのままのキミがすき / あなたなんてだいきらい / されどオオカミ

あべ 弘士さんのその他の作品

手おけのふくろう / かわうそ3きょうだい とらのまき / おおきくなあれ / 雲をつかむはなし / 点字つきさわる絵本 あらしのよるに / わにのスワニー



楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

メイはなんにもこわくない

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット