雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
はずかしがりやのミリアム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はずかしがりやのミリアム

  • 絵本
作・絵: ロール・モンルブ
訳: マイア・バルー
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年01月
ISBN: 9784893259479

29×23p 32頁

出版社からの紹介

「恥ずかしがることないよ」って教えてくれるフランスの絵本。


ミリアムはとっても恥ずかしがりや。名前を呼ばれただけで顔がトマトみたいに真っ赤になってしまうミリアムを、みんなは「トマトっこ」と呼んでからかいます。そんなミリアムが、今日は教室で覚えた詩を発表しなければならないのです。みんなの前に立ったミリアムは、はやしたてられて足はカタカタ、心臓はバクバク。そのとき先生が「いいかげんにしなさい!」すると、みんなの顔も真っ赤になって…。

恥ずかしがりやさんの気持ちを、ユーモアを交えて温かく描いた作品。多くの子どもたちの共感を呼ぶお話です。

ベストレビュー

恥ずかしがり屋さん

ミリアムはとても恥ずかしがりやで、すぐに真っ赤になってしまうので、クラスのみんなにトマトなんて言われて、ますます真っ赤になってしまっています。
顔が赤くなるのをトマトみたい…みたいな表現がフランスらしいです。

6歳の娘も恥ずかしがりやで、学校での発表の時に声が小さくなったり、顔が赤くなってしまったり、普段の生活の中で思い当たることがあるので、感情移入して読むことができたようでした。

さいごは、幸せな結末になってめでたしめでたしでした。

子どもたちの絵がとてもかわいらしいです。
(みいここさん 30代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

マイア・バルーさんのその他の作品

ぞうさん、どこにいるの?



お気に入りのくだものはどれ?

はずかしがりやのミリアム

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット