おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
3びきのうさぎ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

3びきのうさぎ

  • 絵本
文: ゼルク・ゾルターン
絵: レイク・カーロイ
訳: マンディ・ハシモト・レナ
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年11月
ISBN: 9784894237407

20頁 181×265mm

出版社からの紹介

カササギが森で3びきのうさぎに会いました。「これからきつねをつかまえておひるごはんにするんだ」といううさぎたち。それをカササギが真に受けたから大変! きつねもおおかみもくまも、猟師まで巻き込んで大騒ぎ!ハンガリーでコシュート賞受賞の二人の作家がおくる名作絵本。

ベストレビュー

面白い!

6歳4歳の娘たちに読みました。

「3びきのぶた」は有名ですが、「3びきのうさぎ」って初めて聞き、もしかしたらちょっとふざけた感じ(ごめんなさい)かなと思っていたのですが、面白い!全く関係ないお話なんですね。3びきのうさぎが「きつねを食べる」と言ったことがそのままきつねに、そして最後は猟師にまで伝わるという話。うさぎが知らないとこで、うさぎの存在がものすごいものに。とても楽しいお話です。笑えます。
(きーちゃんママさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

レイク・カーロイさんのその他の作品

もりのたいしょうは はりねずみ / とんぼの島のいたずら子やぎ / 犬のラブダとまあるい花

マンディ・ハシモト・レナさんのその他の作品

ブルンミのねこ / あなたがちいさかったころってね / おはなしよんで、アンニパンニ! / くだもの だいすき! / のりものにのって / ぼくはじまんのむすこだよ!?



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

3びきのうさぎ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット