大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
精霊の守り人
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

精霊の守り人

  • 児童書

「守り人」シリーズ

子どもレビュー募集中

著者: 上橋 菜穂子
絵: 二木 真希子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年07月
ISBN: 9784035401506

22cm×16cm/326ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

“短槍づかいのバルサ”として知られる女用心棒、バルサが川をわたろうとしたとき、上流の橋で牛が暴れだし人影が川に落ちた。その小さな人影こそ、新ヨゴ皇国の第二皇子、名はチャグム。水妖に寄生されたとみられる齢12の皇子が、父である帝に命をねらわれたのです。
思わず激流に飛び込み皇子の命をすくったバルサは、皇子としての一生がなくとも生きる幸せをつかんでほしいという二の妃(チャグムの母)の懇願で、やむをえずチャグムを引き受けることになります。

父帝がさしむける刺客や、異界の魔物から幼いチャグムを守るため、体を張って戦いつづけるバルサ。じつはチャグムが宿したものは、水妖ではなく、精霊の卵。チャグムの命は、卵が孵る夏至までのものなのか。
帝と天道師(国を裏で導く「星読博士」の最高位)の命を受け、チャグムの命を狙う「狩人」たち。当代一の呪術師といわれる老婆トロガイ。バルサの幼なじみの薬草師、タンダ。魅力的な人物像が次々描かれ、物語の序章が幕を開けます。“守り人”シリーズ記念すべき第一弾。壮大な冒険ファンタジー!

作者の上橋奈穂子さんは、オーストラリアの先住民族アボリジニのフィールドワークなどをもとに文化人類学を研究する研究者。建国神話の秘密、先住民の伝承、狩りの描写など、文化人類学者らしい緻密かつリアリティのある世界構築にぐいぐいと引きこまれます。
特筆すべきは出てくる食べ物のおいしそうなこと! チャグムとバルサがあつあつをかきこんだ、ゴシャとよぶ白身魚を香ばしく焼いてあるノギ屋の弁当。傷ついたバルサを癒す、タンダの山菜鍋。ついには『バルサの食卓』という料理の本まで出版されるほどです。
『精霊の守り人』につづき、次作『闇の守り人』ではバルサのふるさと北の山岳国カンバルが舞台。第3作『夢の守り人』では初巻の約一年後の夏の新ヨゴ皇国にもどり、トロガイの過去があかされます。第4作『虚空の旅人』では南の海洋王国サンガルが舞台。チャグムは成長し、ダイナミックにシリーズは展開していきます。

バルサが短槍をふるう音が聞こえてきそうな血湧き肉踊る冒険譚のなかで、描かれるのは、バルサとチャグムの絆。バルサとタンダの絆。いまは亡きバルサの育ての親、ジグロとの絆。人が運命に翻弄されても、そのなかで力を尽くして生きるとはどういうことかを考えさせられます。
子どもの本のノーベル賞(Little Nobel)といわれる国際アンデルセン賞・作家賞を受賞した作者が、最初に世にその存在を知らしめたといえる、出色のシリーズ第一作です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

人界と精霊界が混在する世界で、女用心棒バルサの活躍を描いた冒険ファンタジー。精霊の卵が宿ったチャグム皇子をバルサが守る。

受賞歴
産経児童出版文化賞・ニッポン放送賞(1997)
路傍の石文学賞(2001)
野間児童文芸賞・新人賞(1996)

ベストレビュー

運めいの輪が回る中で

私は、バルサは、強いなと思います。バルサは、運めいを苦にせず、むしろおもしろがっているように感じたからです。自分の子どもを殺そうとするチャグムの親の帝の気持ちは、私には、信じられません。けれど、帝も考えをせまられて、しかたがなかったんじゃないかなと思います。チャグムは、自分のうんめいがあまり変わらず、たいくつな日を帝になったら、すごすと思います。けれども、バルサやタンダ、トロガイとすごしていて、強くなったから、だいじょうぶだと思いました。
(天使のケーキちゃんさん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

上橋 菜穂子さんのその他の作品

増補改訂版 「守り人」のすべて / 軽装版 炎路を行く者 ―守り人作品集― / 鹿の王 上 / 鹿の王 下 / 明日は、いずこの空の下 / 物語ること、生きること

二木 真希子さんのその他の作品

炎路を行く者−守り人作品集− / 「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイド / 軽装版 流れ行く者 守り人短編集 / 軽装版 天と地の守り人 第三部 新ヨゴ皇国編 / 軽装版 天と地の守り人 第二部 カンバル王国編 / 軽装版 天と地の守り人 第一部 ロタ王国編



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

精霊の守り人

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット