庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
おばあちゃんと花のてぶくろ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあちゃんと花のてぶくろ

  • 絵本
作: セシル・カステルッチ
絵: ジュリア・ディノス
訳: 水谷阿紀子
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年10月
ISBN: 9784894237339

小学生
28ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おばあちゃんはガーデニングが得意。いつも手袋をはめて楽しげに植物の世話をしています。
しかしおばあちゃんがなくなると、その世話をする人はいなくなり・・・・・・。
たいせつな人の死を受け止め、思いを受け継ぐ大切さを描く作品。

ベストレビュー

みんな、いつかは しぬんだよね

主人公の少女は花の世話が大好きなおばあちゃんが大好きなのです。
一緒に花の世話をし、お茶を飲んでいたのですが、
おばあちゃんはやがて入院、痴呆も始まり、死んでしまいます。
主人公はそんなおばあちゃんの姿をつぶさに体験するのです。
でも大丈夫。
主人公には、おばあちゃんから教えてもらった花の世話のスキルがあるのです。
それが、落ち込んでいる、実子である母も慰めるのですね。
老いる現実が淡々と描かれます。
花の手袋のアイテムが素敵です。
死についてそっと考えたい時に子どもたちにセレクトしてあげたいです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子18歳、男の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


水谷阿紀子さんのその他の作品

名作を生んだ作家の伝記 8 「かいじゅうたち」の世界へ / 「ハリー・ポッター」の奇跡



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

おばあちゃんと花のてぶくろ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット