新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
うみのそこのてんし

うみのそこのてんし

  • 絵本
作: 松宮 敬治
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年12月15日
ISBN: 9784776404965

3歳から
27×22cm 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

「27」は、切れた電線をつなぐロボット。暗く冷たい海の底で仕事をしています。人間が乗る船とはたった1本のロープでむすばれているだけで、スクリューはさびついていました。ある日、そのロープが切れ、27は深海にしずんでしまいます。絶望した27が、そこで出会ったのは……。ファンタジックで迫力ある絵が魅力! 第27回ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本大賞受賞作。

ベストレビュー

お互いに”天使”

人間に造られた海底の電線つなぎのロボット「27」ですが、スクリューが回らず、船とのロープが切れて、闇の海底に沈んでいきます。深い海に住む魚たちの会話から、自分が棄てられたことを知るロボット「27」でした。小さなクジラの角のないイッカクに助けられ、イッカクの折れた角を治してあげます。お互いが相手のことを”天使”だと思うのが、機械と魚の友情、これから、捨てられたロボット「1−26」を助ける旅、”希望”で終わっていました。27の兄弟お助ける旅lって素敵過ぎます。まだ、使えそうなものは、なおして使おうと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

うみのそこのてんし

みんなの声(8人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット