だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
うみのそこのてんし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うみのそこのてんし

  • 絵本
作: 松宮 敬治
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年12月15日
ISBN: 9784776404965

3歳から
27×22cm 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

「27」は、切れた電線をつなぐロボット。暗く冷たい海の底で仕事をしています。人間が乗る船とはたった1本のロープでむすばれているだけで、スクリューはさびついていました。ある日、そのロープが切れ、27は深海にしずんでしまいます。絶望した27が、そこで出会ったのは……。ファンタジックで迫力ある絵が魅力! 第27回ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本大賞受賞作。

ベストレビュー

その後が気になります

海底作業ロボット27。
古くなり、新しいロボットがきたら、回収もせずに、そのまま海の中に廃棄…。
ロボットの悲しみ、絶望感…。
これが、本当のことなら、許しがたいことだなって思いました。

27は幸運にも、海底で新しい出会いがあり、新たな目標も見つけることができました。

海底作業ロボットに限らず、地球上には廃棄されたものが、たくさんあります。

27のその後、廃棄されたものたちのその後…。
近い将来、人間は大きなしっぺ返しにあうだろうなと思いました。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




風変りで美しい表現方法がたくさん!

うみのそこのてんし

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット