おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ミヤマ物語 第2部 結界の森へ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミヤマ物語 第2部 結界の森へ

作: あさの あつこ
出版社: 毎日新聞社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

『透流』の名前の由来、ミヤマの森へ

第1部の「ミヤマ物語」が2008年の6月に出ていますから、約3年待ちました!
やっと第2部に出会えました!!(わ〜い)
でも、読みたいって思いだけで、微妙にどんな話か忘れちゃった。そう思っている人も多いと思います。(かくいう私もそうでした)
でも、大丈夫!あさのあつこさんは、ちゃんとその辺も考えていたようです。第1章は《始まりの始まり》とあり、実はこれ第1部のあらすじみたいになってました。(ストーリーを思い出しながら、あさのさんやるなぁと、思いました。シリーズものなのに、間が空いてしまうと細かいところを忘れてますので)

主人公・透流(とおる)とハギがいよいよちゃんと出会い、
ハギの母を助けるため《ミヤマの森》へ出かけていくこの第2部の後半は、ドキドキハラハラの連続で、あっという間に読んでしまいました。
第1部では、それほど気にしていなかった家政婦の「草代」がなかなかオイシイ役所で、物語のキーパーソンになっている気がしました。
草代が頭の中でちらりと思いだした『透流』という名前を付けた……うんぬんというところで、前半のこちら側の世界の話はいったん幕を閉じるのですが、
この言葉がとても気になりました。
『透流』の名前って誰が付けたんでしょうか?由来はなんだったのでしょうか?続きがますます気になります。

挿絵はほとんどありませんが、あさのさんのぐいぐい惹き込んでいく文章のおかげで、300ページもある物語に感じられませんでした。
小学校の高学年くらいから中・高生のお子さんたちにお薦めします。
ところで、萩たちの背丈って、私は自分で勝手に、こちらの人間に比べるとやや小柄(ヨーロッパの昔話で登場するような“ドワーフ”と呼ばれている小人の妖精)かなと思っていたのですが、
違うのかな?背丈についてはちゃんと記述があったか思い出せません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

あさの あつこさんのその他の作品

くつの音が / ひつじの王さま / おしごとのおはなし お医者さん ママはお医者さん / 角川つばさ文庫 ミヤマ物語(1) だれも知らない世界 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(3) 館を狙う物 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(2) 二つの世界



たたかえ!じんるいのために!

ミヤマ物語 第2部 結界の森へ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット