となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
走れゴン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

走れゴン

作: 湯村輝彦
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥951 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「走れゴン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

こんぴら狗ってすごい!

この前、TVで旅番組で琴平宮を紹介していて
こんぴら狗の銅像もあって
その歴史を聞き
「へぇ〜」と思っていました
まさか、絵本があるとは・・・

遠方だし、いろいろな事情で
自分がお参りに行けないので
犬に託すんですね

首には、初穂料と犬の食費をぶら下げて
道中一緒の人が
お世話してくれるとのこと
なんとも、人情があるというか
心に余裕がある江戸文化ではありませんか
犬がちゃんと、帰ってくるのが
またすごい
ご利益ある!って、思いますよ

でも、絵があまりにポップ調なので
そちらの方が気になってしまうのです
どうなのかな?と思っちゃいました
絵の雰囲気で、また違った作品になりそうな
気もしました
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子20歳)

出版社おすすめ


湯村 輝彦さんのその他の作品

さよならペンギン / ハゲハゲライフ / ほらふきたろう / うらしまたろう / ももたろう



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

走れゴン

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット