庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで―
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで―

  • 絵本
作: ルイーズ・ボーデン
絵: ニキ・ダリー
訳: ふなとよし子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年11月
ISBN: 9784834026672

ページ数: 40/ サイズ: 24X29cm

12歳〜 編集部おすすめ

出版社からの紹介

ドイツ占領下のオランダ。国境近くの町に住む10歳の少年ピートは、冬のある日、凍った運河をスケートで滑って、知り合いの姉弟を隣国ベルギーへ逃がす手助けをします。

ベストレビュー

命がけのスケートの旅

オランダも第二次世界大戦では被害国としての歴史があるのですね。
ドイツ軍に占領されたオランダでの、レジスタンス。
イギリスと秘密で通信していたヨハンナの父親がドイツ兵に連れ去られ、危険を感じたヨハンナと弟をベルギーまで送り届ける。
10歳のピートがおじいさんから託された役割でした。
凍った運河をスケートで滑り続ける子どもだけの旅。
途中でドイツ兵の検問を受け、あるところでは橋の下に隠れ、他には隠れる場所もない大冒険。
実話を基にしたお話なのでしょうね。
それだから、このスリル感は命がけだし、スピード感は必死さを込めています。
運河を200キロも滑るスケートレースにあこがれを持ち、親がスケート造りを仕事にしていたからでしょうか。
ピートでなくてはできなかった偉業だと思います。
戦争の影と死と隣り合わせの生活。
後書きを読んで、ヨハンナの父親は帰らなかったことを知って、改めて、ピートがなしえたことがどれだけのことだったか、ドイツ兵に止められたときに自分を見失わなかったピートの強さがいかなるものだったか、考えさせられました。

あまり身近に感じられない話だけに、子どもたちとじっくりと受け止めたいお話でした。


(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

ルイーズ・ボーデンさんのその他の作品

戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ 作者レイ夫妻の長い旅 / 海時計職人ジョン・ハリソン

ニキ・ダリーさんのその他の作品

ママのとしょかん / かわいいサルマ

ふなとよし子さんのその他の作品

ボノボとともに / 楽しいスケート遠足



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで―

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット