めがねうさぎのうみぼうずがでる!! めがねうさぎのうみぼうずがでる!! めがねうさぎのうみぼうずがでる!!の試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なつがきて、うさこは海水浴にでかけます。どうにかして、うさこをおどかしたいおばけは、うみぼうずになることにしましたが・・・。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おかあさんのまほうのおうかん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おかあさんのまほうのおうかん

  • 絵本
作: かたおか けいこ
絵: 松成 真理子
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おかあさんのまほうのおうかん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年02月
ISBN: 9784893259493

28×22cm 32頁

出版社からの紹介

「魔法の王冠」は涙を止めるおまじない

しょう君は、泣き虫の男の子。そんなしょう君の5歳の誕生日に、ママがプレゼントし
てくれたのは、目に見えない、触ってもわからない「魔法の王冠」。「こどものころ泣き
虫だったママがこの王冠をつけたら、涙がピタッと止まったの。」だって。
それから毎日、見えない王冠をかぶって、涙をこらえることを覚えていくしょう君。やが
て卒園式。成長したしょう君を見て涙ぐんだママ。するとしょう君は…。

泣きそうになったとき、王冠に手を伸ばして涙をこらえるしょう君の姿が、子どもたちの
共感を呼びます。卒園、進級の時期におすすめの絵本です。

おかあさんのまほうのおうかん

ベストレビュー

卒園の時期に

園時代の息子は、プールに入るのがいや、牛乳が飲めないから園に行きたくないと、ほろほろと涙を流す子どもでした。

そのたびに気持ちを聞いて落ちつけたり、促したりして園に行かせていたことを思い出しました。

小学校へ入ってからは、肩におかあさんが小さくなって肩についているから大丈夫よと言って送りだしたことも。

子どもが育っていくうちに必要なもの、時間と見守りと。

そんなことが凝縮されているような絵本で、読むと大人の方がうるっとしてしまうかも。

松成さんの絵が、主人公の男の子の成長ぶりを見事に描いているなあって思います。

時期的には、卒園の時期に、親の方が泣いてしまうかもしれません。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かたおか けいこさんのその他の作品

ゆみちゃんとえんぴつさん

松成 真理子さんのその他の作品

竹とんぼ / きつねみちは、天のみち / 雨ニモマケズ / 紙芝居 にげだしたポケット / ふしぎねこりん丸 / るいくんとおばけくん



くまのパンやでパピプペポ♪おいしいパンをめぐって起こるお話

おかあさんのまほうのおうかん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット