ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
ヤマネさん お山にかえるまで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヤマネさん お山にかえるまで

文・写真: 西村 豊
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年10月
ISBN: 9784752005636

26×20cm 40ページ

出版社からの紹介

人間の身近で生きていながら、あまり知られていなかった「ヤマネ」。その保護と、野生に返すまでを語る。赤ちゃんヤマネの成長を、共感しながら読むことができます。

ベストレビュー

ヤマネが超〜キュートです!

この感想欄には何度か書いていますが、うちの子どもたちはハムスターが大好き!

なので、ハムスターに姿かたちが似ているこの『ヤマネ』には、母子で大フィーバーしてしまいました。
「可愛い〜ぃ」度のしぐさも、たとえ虫を食べているところでも、可愛かったです。
作者の西村さんはこの写真絵本を出すにあたって、かえって、ヤマネたちが乱獲されたりしないかと杞憂してしまったそうです。
これだけ可愛いと、心配してしまう気持ちもわかります。
人間は住む場所が増え、山や森にする動物たちはますます住処を追われ、生きにくい世界になっているのかもしれません。
こういう絵本に触れた子供たちが、これから少しでも他の動物たちと共存しやすい世の中を見つけて行ってくれるといいな〜と、思いました。

とにかく、ヤマネたちは可愛いです。
興味のある人はこの本を読んでみてください。
でも、決してお山のヤマネたちの住処を荒らしたりしないでくださいね。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西村 豊さんのその他の作品

よつごのこりす あっくんのおくりもの / よつごのこりす ふうちゃんのぼうけん / よつごのこりす はるくんのおすもう / ごたっ子の田んぼ / こりすのかくれんぼ / キツネにもらったたからもの



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

ヤマネさん お山にかえるまで

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット