くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
わが家は三畳の倉庫から
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わが家は三畳の倉庫から

作: すずき たかこ
出版社: 銀の鈴社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わが家は三畳の倉庫から」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

「住」がテーマ

平和を祈る3部作の第3弾です
「食」「衣」そして今回は「住」がテーマです
おじいちゃんは建て替えのために壊される我が家を見つめ泣き叫びます
その訳は・・・・
戦火が激しくなってきて、さらに父の出生が決まると、家族は疎開を決めます
そのため、焼夷弾の直撃は避けられたものの、類焼を防ぐために、家は壊されてしまいました
疎開先から戻りまずは米屋であった我が家はなく、倉庫を住みかとして生活を始めたこと、やがて父も戻ってきて家族で喜びあいました
子どもが成長するたびに、部屋を建て増し暮らしてきたが、米屋の再建は出来ずに月日はたち、おじいちゃんは建て替えの条件に「片隅で良いから米屋をひらきたい」と息子に願います
戦後どれだけの方々が夢や希望を叶えられずにきたのでしょうか・・
そうした思いを形に残したいと、作者が「食」「衣」「住」の平和の3部作として書き上げました
身近に感じる出来事として読めるので、小学校高学年にお勧めです
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子、男の子)

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

すずき たかこさんのその他の作品

『ミシン』それは宝物 / おなかにすんでるパンのトゲ



お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

わが家は三畳の倉庫から

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット