庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
なけない ちっちゃい かえる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なけない ちっちゃい かえる

  • 絵本
作: エクトル・シエラ
絵: やまうちかずあき
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「なけない ちっちゃい かえる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784790251187

3歳児から

出版社からの紹介

恥ずかしがりやで、なかなか外国語を話そうとしない日本人。上手でなくても、まず自己流で話せばいいのに・・・という作者の主張からこのお話は生まれました。ちっちゃいかえるは池の外へ出て、初めて動物がそれぞれの鳴き声で鳴くことを知ります。それから池に戻って、自信をもって自己流で鳴きます。このシーンではちっちゃいかえるが大きく描かれます。すると、他のかえるや動物たちが温かく迎えてくれました。月齢の低い子どもを応援してくれるような、温かな絵本です。

ベストレビュー

かえるの鳴き声の秘密

コロンビアから10年前に来日した作者が、自分の日本語で話せるようになるまでの気持ちを思い起こして書いた作品だそうです。また、外国語を勉強しようという意欲はあっても、なかなか実際に話そうとしない、完璧主義?恥ずかしがりや?の日本人にあてたメッセージもこめられています。

ということは、作者の言葉を読むまでわかりませんでした。まなんだか、エリック・カールの「だんまりこうろぎ」に似ているなあと読み始めたのです。でも、かえるが泣けるようになるきっかけはちがっていました。みんなちがう鳴き方をしているんだから、自分は自分のなきかたでいいんだと悟ったからです。

5歳の娘には、この作者のメッセージは伝わりません。彼女はかえるさんの鳴く話としか捕えていないでしょう。コラージュの絵と動物達の表情をじっくり楽しんでいました。
(えっこさん 40代・ママ 男の子12歳、女の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

エクトル・シエラさんのその他の作品

じゅっぴきでござる / シーソーあそび / だっこして / あの日のことをかきました ニューヨークと

やまうちかずあきさんのその他の作品

あっちむいてきゅっ!



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

なけない ちっちゃい かえる

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット