ぼくはかさ ぼくはかさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ぼくはかさ。たろうちゃんのおきにいりのかさだよ。だけど、このごろたろうちゃんは、おばけにばかりむちゅう。そうだ、ぼくも「かさばけ」になろう!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
アトリエのきつね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アトリエのきつね

  • 絵本
作: ロランス・ブルギニョン
絵: ギ・セルヴェ
訳: 中井 珠子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年11月
ISBN: 9784776404958

28×23cm 23頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

その冬、はじめての雪が舞った12月のある日、ハンターは銃声とともに、
わたしのアトリエの庭先に、一匹のきつねが現れた。
きつねは追いつめられたまなざしでわたしを見つめ、わたしもきつねを見つめた──
印象的な出会いを経て、きつねは画家のもとを訪れるようになりますが、
やがてその野生が、両者を分かつ出来事を引き起こし……。

ベストレビュー

高貴なきつねとの交流

絵本を開くと
まるで絵描きさんの
作業机の上みたい

きつねのデッサン
絵がとても素敵です

表情がとにかく変わる
動きをうまく捉えている
本物を間近に観て
交流を持ったからなのでしょうか

きつねに化かされる日本の昔話とは違って
対人間と
まるでこちらの気持ちがわかっているかのように
行動するきつねのおかあさん
おとうさんが迎えに来るとは・・・

高貴なきつねの雰囲気が
絵にも表現されています

こどもたちは
元気に育っているのでしょうか

絵本の中では
雪の降る季節から始まり

絵本を閉じると
蛍でしょうか
幻想的で
おとうさんが見守っている様子
自然の中での
家族の様子に
うっとりしてしまいます
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中井 珠子さんのその他の作品

そらをとんだ本 / くいしんぼうのゴワンフレット / ねむれないこぶた / 月と少年 / トン、トン!クリック・クラックさん! / はじめての たまご売り



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

アトリエのきつね

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット