もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
アトリエのきつね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アトリエのきつね

  • 絵本
作: ロランス・ブルギニョン
絵: ギ・セルヴェ
訳: 中井 珠子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年11月
ISBN: 9784776404958

28×23cm 23頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

その冬、はじめての雪が舞った12月のある日、ハンターは銃声とともに、
わたしのアトリエの庭先に、一匹のきつねが現れた。
きつねは追いつめられたまなざしでわたしを見つめ、わたしもきつねを見つめた──
印象的な出会いを経て、きつねは画家のもとを訪れるようになりますが、
やがてその野生が、両者を分かつ出来事を引き起こし……。

ベストレビュー

画集を見ているような…

ある夜、アトリエの近くで聞こえた銃声がきこえ、仲間とはぐれ、逃げてきたキツネと出会った。
野生で生きていく厳しさや、作者との心のやり取り…もっと手を差し伸べて…でも去っていくキツネ。そして再会。
しっかりと生きていくキツネの逞しさを、強く感じることができました。
表紙から裏表紙まで、きつねの色々な表情が描かれています。
(おしんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中井 珠子さんのその他の作品

そらをとんだ本 / くいしんぼうのゴワンフレット / ねむれないこぶた / 月と少年 / トン、トン!クリック・クラックさん! / はじめての たまご売り



大人気「ひよよ」シリーズ、新刊発売記念!

アトリエのきつね

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット