しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
十二月・年越のはなし かさじぞう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

十二月・年越のはなし かさじぞう

  • 絵本
文: 谷 真介
絵: 赤坂 三好
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,068 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年11月
ISBN: 9784333015368

26×22cm 32ページ

出版社からの紹介

雪だらけになって立っている峠のお地蔵さまを見て、気の毒に思った心優しいおじいさんは笠をかぶせて帰りました。その夜…。新しい年を迎える年越のお話。

ベストレビュー

心を忘れずに・・・

もちろん、このおはなしは知っていましたが、改めて読んでみるといいお話だな〜と考えさせられました。

明日はお正月だというのに、おもちもお正月用のごちそうもない。
笠が売れたら、お正月用にお酒も買うはずだったのに・・・
「お地蔵さんが寒そう」と自分の笠までかぶせて帰って行きます。
そんなおじいさんに、おばあさんも「それは良いことをした」と言って優しく迎えます。

毎日いっぱいいっぱいの生活をしていると、そういう心優しさってつい忘れてしまいます。もちろん時代は違いますが、モノはあっても心がない生活だな〜と思わずにいられません。そんなおじいさん達のような生活はもちろんできませんが、心は忘れずにいたいと思いました。

自分が子どもの時にはあまり深く考えていなかったけれど、改めていいお話だと思えることができて良かったです。
うちの子たちも、お地蔵さんの数を数えてみたり、それほど深く読んではいないでしょうが、心に残ってくれるといいな。
これからも昔話として読み継がれていってほしいお話です。

いろんなことに感謝しつつ、無事にお正月を迎えられたことに感謝したいと思います。
(だかりんさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

谷 真介さんのその他の作品

ポプラポケット文庫 子どもの伝記12 キリスト / 4さいからの豊かな心を育てるお話 / ふしぎな黒イヌ / あわてんぼうのニワトリねえさん / ヒツジのおやこのおくりもの / 赤ちゃんをまもったサル

赤坂 三好さんのその他の作品

トミーは大いそぎ / はだかの王さま / おもちのすきなヘビのおふじ / たまごから生まれたウマ / リュウのむすめとおいしゃさん / イノシシとお月さま



『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

十二月・年越のはなし かさじぞう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット