となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
つきねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つきねこ

  • 絵本
作・絵: アルベルティーヌ・ドゥルタイユ
訳: ふしみ みさを
出版社: パロル舎

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「つきねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

自由できままなのらねこは、ひとり遊びが得意。
今夜は、お月さまと追いかっこ。
塀を渡って、野原を駆け巡り、人間の住む家へたどりつきます。
おいしそうな牛乳を見つけたこねこは、さっそく牛乳壷にとびつきますが、
バランスを崩し、壷ごと床に落ちてしまいます……。

こねこののびやかな姿を、いきいきとした筆致で描いたかわいい絵本。

ベストレビュー

癒し系の絵本です

白い大きな目をしたのらねこが、お月様と遊びながら夜を過ごし、二人の子供と仲良くなるまでを、ねこと子供達の台詞で綴っている、ロマンチックな1冊です。

1931年にフランスで創刊された「ペール・カストール」シリーズの1冊だそうす。このシリーズは、文化的芸術教育をめざしてつくられたと紹介されています。

最近、親子ともども、ストーリーの面白いもの、同じ作家のシリーズものをどうしても手に取ってしまうので、気分を変えたくて読んでみたのですが、娘はあまり気に入らなかったようです。5歳児には少々短い絵本だったかもしれません。

親としては、こういうのんびりゆったりした話や絵で、じっくりしっとりした時間を持ちたいと思いました。
(えっこさん 40代・ママ 男の子12歳、女の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

ふしみ みさをさんのその他の作品

つかまるわけないだろ! / こねこのプーフー (6) トンネルをほる / こねこのプーフー (5) はがぬけたよ! / いいにおいのおならをうるおとこ / こねこのプーフー (4) たからさがし / まめまめくん



入園入学シーズンには、『ともだち』をオススメしています。児童書のプロに聞く!

つきねこ

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8




全ページためしよみ
年齢別絵本セット