雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
孤島のドラゴン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

孤島のドラゴン

  • 児童書
作: レベッカラップ
訳: 鏡哲生
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年10月
ISBN: 9784566012257

四六判/206ページ

出版社からの紹介

ある夏、デイビス家の三人の子どもたちは、叔母さんの所有する孤島ですごすことになった。そして運命の糸に導かれ、黄金の翼竜ファフニエルと出あう。遠大な時の流れを見てきた、偉大な竜が語る、はるか時空を超えた、別の世界、べつの時代の、三つの物語。そして今…。信頼と友情の絆に心うたれる、ファンタジックな冒険物語。

ベストレビュー

中盤からがおもしろい

訳が悪いのか原文が悪いのか、文章がヘタクソすぎる。
さらに人物描写がウザいほど緻密なのに、思いや風景が寸足らず。しかもいきなり突然心変わりしていたり、ご都合主義もいいところ。読み手の心は置いて行かれっぱなし。構成もどうかで、小説として成立するのだろうか。
ハリウッドで映画化したら良さげ、など思って読んでいた。

ところがドラゴンが出てからは面白くて一気読みしました。
3つの頭を持つドラゴンは兄妹で、頭ごとにかなり濃厚なキャラの持ち主。
そのひとつひとつが3つの話をしてくれますが、説教くさい兄、ほわんほわんした兄2、高飛車な妹と、海洋冒険譚っぽいストーリーは私の超好み。

プロローグっぽい話だったので続きを読みたい。
最初の印象とは違って、話は面白かった。引き込まれた。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


レベッカラップさんのその他の作品

危機のドラゴン

鏡哲生さんのその他の作品

オットー 戦火をくぐったテディベア



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

孤島のドラゴン

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット