もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
彼の名はヤン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

彼の名はヤン

  • 児童書
作: イリーナ・コルシュノフ
訳: 上田 真而子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年03月
ISBN: 9784198609955

十代から
B6判/192ページ

出版社からの紹介

第二次世界大戦末期のドイツ。17歳の少女レギーネはポーランドの青年ヤンと恋に落ちた。だがナチスが「下等人種」とするポーランド人とつきあうことは大罪だった。逮捕され、監獄へ送られたレギーネは辛くも脱出し、さまざまな体験を、ヤンから学んだ広い世界のことを語り出す。ドイツを代表する児童文学作家が描く感動の一冊。

ベストレビュー

生粋のドイツ人の少女に起きたこと

第二次世界大戦中のドイツと言ったら「ユダヤ人迫害の話」なのでは?と、たいていの人が思うと思います。
私もこの本を手に取った時、「ヤン」という人物はユダヤ人なのかしら?と思っていました。
ところがこの作品の中に『ユダヤ人』は一人も登場しませんでした。
主人公のレギーナは《生粋のドイツ人》で、ヒトラーの政策を教え込まれ、信じきっているひとりでした。
けれども、ポーランド人の捕虜の青年を好きになってしまったことで、すべてが変わってしまいます。

ちなみに、この本はドイツの代表的な児童文学作家の作品だそうです。
あまり日本の児童文学作品ではありえませんが、「戦時中の恋愛」や「性」の問題を取り扱っています。
「これから死ぬかもしれない(その確率がとても高い)前線へ行くのだから……、(その純潔をぼくにくれても)いいじゃないか」
そういう考え方がまかり通ってることに、ひとりの女性として憤りを感じます。

安全な場所にいたにもかかわらず、自らそれを手放して別の世界を見る目を持ってしまい、迫害される側に回った少女の心の動きがよく描かれていました。
歴史では必ず第二次世界大戦を習います。
中高生の子どもたちに、自分と同じくらいの年頃の女の子が、その当時どんなふうに感じていたのか、この本を手に取って一緒に考えてみてくれるといいなと、思いました。




(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

イリーナ・コルシュノフさんのその他の作品

ティナのおるすばん / モジャクマくんのいえで / ちびドラゴンのおくりもの

上田 真而子さんのその他の作品

福音館文庫 黒いお姫さま / ジム・ボタンと13人の海賊 / ジム・ボタンの機関車大旅行 / 岩波少年文庫 バンビ / 氷の上のボーツマン / 岩波少年文庫 ぼくたちの船タンバリ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

彼の名はヤン

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット