ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
土佐弁*名作昔ばなし ちゅーとにゃーときー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

土佐弁*名作昔ばなし ちゅーとにゃーときー

  • 絵本
再話・絵: デハラユキノリ
出版社: 長崎出版

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「土佐弁*名作昔ばなし ちゅーとにゃーときー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年01月
ISBN: 9784860954758

B5/上製/32P

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある日、おじいさんは猟師に狙われていたさるを助けて、けがをしてしまいます。さるは、助けてくれたお礼に一文銭をくれました。すると、おじいさんは不思議なことにみるみるお金持ちになりました。ところが、一文銭が盗まれてしまい…。不思議な一文銭をめぐる、ねずみとねことさるの物語。全編土佐弁で、読み聞かせがこじゃんと(とても)楽しい昔話です。

ベストレビュー

よかったよかったで、みんな満面の笑みですが・・・・・・

「土佐弁」というタイトルに目が行き開きました。
私は、故宮尾登美子先生の作品が大好きで、絵本では「にちよういち」がお気に入りです。
大河ドラマに幕末ものが出てくると、坂本龍馬役の方のセリフに聞き入る気に入りようです。

名作昔話ということで、サクサク読み進みました。
なんて優しいおじいさんなんだろうと感激して。
そして、お約束のさるの恩返し。
一文銭を持っていることで大金持ちになって、めでたしめでたしかと思いきや、・・・・・・。

ここから、豹変してしまうおじいさんとおばあさん。
ねこのにゃーとねずみのちゅーのパニック状態の表情に大爆笑!

最後は、よかったよかったで、みんな満面の笑みですが、このおじいさんとおばあさんが、ただの欲張りに見えてきて、変な笑いが出てしまいました。

この作品は、是非練習して、お話会で読んでみたいと思いました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デハラユキノリさんのその他の作品

とびだせ!チンタマン 〜こども てんさい きょうしつ〜 / とびだせ! チンタマン / めんたくんのたんじょうび / サトシくんとめんたくん / お野菜戦争



「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

土佐弁*名作昔ばなし ちゅーとにゃーときー

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.78

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット