十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
マザーテレサの冒険
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マザーテレサの冒険

絵: ピエロ・ヴェントゥーラ
作: ジアン・パオロ・チェゼラーニ
出版社: 女子パウロ会

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

マザー・テレサの人柄

ピエロ・ペントゥーラとジアン・パオロ・チェゼラーニが描く伝記物が好きで、検索をかけていたら出てきたのがこの『マザー・テレサの冒険』でした。

正直なところマザー・テレサと冒険というのが結びつかず、冒険というと探検のイメージが強いので、不思議に思いつつも開いてみました。

確かにマケドニアに生まれたマザーが、修道女になりインドに渡る。そのインドの中でも貧困で世間からも目の届かない人たちのために献身的に尽くしたこと。

それ以外にも世界中を回り活動を広めたこと。そんな一つひとつのことが冒険だったのだなあと。

意外に思えたのは、イギリスのBBC放送でインタビューをとった時のこと。インタビューは普通の女性のようで、放送局側から見るとそれは失敗だったということでした。

それでも放送されたことにより多くの反響を呼びました。

有名になっても何ら普通の人と変わっていくことなく、静かな中にも愛情や熱意を持って活動を続けたマザー・テレサの素顔が伺えます。

死後も愛され続けるマザー・テレサ。偉業だけでなく飾らない彼女の人柄が感じられました。

この絵本を描いた二人には、伝記物だけでなく遺跡物もあり、そちらも読んでみたいと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ

ピエロ・ヴェントゥーラさんのその他の作品

スパルタコさんの ちいさな き / 偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (2)マルコ・ポーロの冒険

ジアン・パオロ・チェゼラーニさんのその他の作品

古代の謎に挑戦 探検と発掘シリーズ (3) トロイア / 古代の謎に挑戦 探検と発掘シリーズ (4) クレタ / 古代の謎に挑戦 探検と発掘シリーズ (5) ポンペイ / 古代の謎に挑戦 探検と発掘シリーズ (2) ツタンカーメン / 古代の謎に挑戦 探検と発掘シリーズ (1) マヤ / 偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (4) 北極探検



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

マザーテレサの冒険

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット