すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
よだかの星
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よだかの星

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 中村 道雄
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年
ISBN: 9784039633804

対象年齢:小学中級から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

よだかは、実にみにくい鳥でした。
その姿から、他の鳥たちはよだかを嫌い、悪口を浴びせました。
またその名前から、鷹に嫌がられ、名前を変えろと迫られます。
ある夕方、とうとう鷹がよだかのうちへやってきて、改名を迫ります。
あさっての朝までにすべての鳥のうちを回って改名披露をしろ、さもなくば殺す、というのです。
羽虫を食べて生きるよだかは、自分が鷹に殺されることがこれほど辛いのに、その自分は毎晩たくさんの羽虫を殺して生きなくてはいけないことを悟ります。
そして辛すぎるこの世を捨てる決心をし、空に向かってひたすら飛んでいきます。

宮沢賢治の傑作童話の絵本化ですが、イラストが組み木絵でできており、それがこのおはなしととてもよくマッチしているのです。まさに入魂の組み木絵でしょう。
よだかは悩み、苦しみ、自分ではどうにもならないこと――姿や、名前――を責め続けられてついに絶望します。
そして太陽に焼かれようと太陽に向かいますが太陽に拒まれ、星座にも向かいますがやはり星座に拒まれ・・・。
絶望の末にとった行動さえも、思うようにはならなかったのです。
最後の力を振り絞ったよだかの飛行は、まさに鬼気迫るものがあります。
迫力ある作品です。

組み木絵の作者中村道雄氏は、数十種類の板材を絵として組み込んでいくこの独特の表現方法を考案しました。
主な作品に「なめとこ山の熊」「土神と狐」(ともに宮沢賢治作)「そこなし森の話」(佐藤さとる作)(以上偕成社)があります。

(金柿秀幸  絵本ナビ事務局長)

出版社からの紹介

よだかは実に醜い鳥。そのためにみんなからうとまれ、身のおき場がなくとうとう宇宙の彼方へ?。生命の在り方を根源的に問う不朽の名作。

ベストレビュー

組み木絵の素晴らしさ

よだかはみにくい鳥でみんなから疎まれています。
タカからも改名しろと脅されます。
自らの運命に絶望して、よだかは一直線に空に上り、星となります。
自らの力ではどうすることもできない欠点を指摘された時の切なさが、
心に染み入ります。
中村道夫さんの組み木絵が、材質のやわらかさと共に、
よだかの体温を感じさせます。
星に昇華していく姿に、宮沢賢治の童話の永遠性を感じました。
(レイラさん 30代・ママ 男の子12歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚 / 雨ニモマケズ / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / 宮沢賢治の絵本 カイロ団長 / ますむらひろし版 宮沢賢治童話集「やまなし/ひかりの素足」

中村 道雄さんのその他の作品

ふるいみらい / 土神と狐 / そこなし森の話 / なめとこ山の熊



コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

よだかの星

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14




全ページためしよみ
年齢別絵本セット