あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
いちりんの花
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いちりんの花

  • 絵本
作: 平山弥生
絵: 平山美知子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いちりんの花」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年01月28日
ISBN: 9784062174466

小学生から
B5判・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

天と地が分かれ、一輪の花が咲きました。
それは、大地いっぱいに広がり、やがて動物や人があらわれます。そこには、たくさんの喜びもありますが、抱えきれないほどの大きな悲しみもあります。
それでもお日様は地上を照らしています。どんなに悲しみのあとでも、また一輪の花が咲き、やがてそれは大地いっぱいに広がっていくのです――。

■担当編集者のうちあけ話
この絵本は、日本画家で文化勲章受賞者の故・平山郁夫画伯の妻で、86歳になる平山美知子さんと、娘で詩人の平山弥生さんが描いたものです。
平山美知子さんは、1952年、東京美術学校(現東京藝術大学)日本画科を首席で卒業。将来を嘱望されていましたが結婚を機に筆を折り、夫を支えることに専心します。しかし2009年12月に平山郁夫画伯が逝去した後、「自分の死んだあとは、また絵を描いてほしい」という内容の、“遺言“と題した生前の雑誌記事が見つかったことで、意識的に制作に向かうようになりました。
折しも東日本大震災が起こり、弥生さんが詠んだ詩に、美知子さんが鎮魂と再生への思いをこめた版画を制作し、絵本が誕生しました。(チ)

いちりんの花

ベストレビュー

生を受けた喜びを認識できる作品

2012年1月の初版。
文、平山弥生さん、絵、平山美知子さんという親子による作品。
平山の姓から、もしやと紹介欄を見ると、やはり、あの平山 郁夫さんの奥様と娘さんでした。
平山郁夫さんと言えば、現代日本画壇の最高峰に位置する画家であり、弥が上にも期待は高まります。
その奥様である平山弥生さんの経歴が凄いです。
何と、東京藝術大学を首席で卒業。
将来を嘱望されたものの、結婚後、夫を支えることに徹したとのこと。
それが、郁夫さんの遺言によって、活動を始めたというのですから、人に歴史ありといったところです。

物語は、太古の地球の歴史からを、簡易な表現で綴ったもの。
神さまの素敵な贈り物が、いちりんの花。
その花の誕生以来、人間が生まれ出でて、繁栄するのですが、悲しいことが起こったとあります。
絵からすると、原爆のキノコ雲。
人々が争うようになり、沢山の人が亡くなり、花も草も木も焼かれ、動物のいなくなってしまうのですが、
それでも、お日様は私たちを照らしてくれますと結んでいます。
そして、そこには、象徴的ないちりんの花が咲くのです。

とても穏やかな気持ちにさせられる作品です。
そう、いつでも、お日様は私たちを照らしてくれるし、周りには、花が咲き、小鳥は歌をうたい、犬や猫がいて、1日が始まるという、当たり前のことに感謝して生きないとならないのです。
生を受けたことの意味を考えて、決して奢ることなく、過ごしていきたいものだと改めて思いました。

最後の一文を引用します。

「ページを開いたみなさんへ
平山 弥生

宇宙からの旅人なのでしょうか?
それとも
神さまからのおくりものなのでしょうか?
すべては
いちりんの花から始まりました
この本のページを開いたみなさんへ
どうか心に咲いている
みなさまそれぞれの花を
いつまでも いつまでもたいせつに
育ててあげてください
いつまでも・・…いつまでも・・…」

心の琴線に触れる文章だと思いました。
多くの方に読んで欲しい作品です。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

いちりんの花

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット