ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
尼子十勇士伝 赤い旋風篇
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

尼子十勇士伝 赤い旋風篇

  • 児童書
著: 後藤 竜二
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年08月07日
ISBN: 9784406053792

中学生向き
四六判上製 198P

出版社からの紹介

戦国時代の末期、山陰・山陽の十一カ国を支配した出雲の戦国大名・尼子氏は、新興勢力・毛利元就の謀略に乗せられて、身内の「新宮党」を全滅させてしまう。山中鹿之介の幼なじみも全員が眼前で殺害された。「なぜだ!」無念の思いを胸に秘めて、なお、人間への信頼をつらぬき、戦いつづけた男の青春をダイナミックに描く。

ベストレビュー

後藤竜二先生の遺作です。

先に書いてしまいますが、この作品は後藤竜二先生の遺作です。
元々は「尼子十勇士伝<上巻>」として発表するつもりだったそうですが、お亡くなりになり、ご遺族のかたの了承を得てあえてこの「上巻」のみを出版することになったそうです。

学生の頃にハマった「カラマーゾフの兄弟(ドフトエフスキー)」を読んだ時もそう思いましたが、
舞台設定がわかり人間関係が見えてきて、これからどうなる!?というところで終わっているので、
正直読み手としてはつらいです。

物語は戦国時代。出雲の国(今の中国地方辺り)のお話です。
尼子氏に使える武家に生まれた《鹿》と呼ばれる少年が主人公です。この上巻では少年期であるにもかかわらず、自分たちの殿を守って、大変な戦いを潜り抜けました。
これから《鹿》はどう生き抜いていくのか気になりますが、それはもう読んだ各自が想像するしかなくて、残念です。

正直、後藤竜二さんのお話で時代物を読んだのは初めてでしたが、面白かったです。戦国時代に興味のある子どもたちにぜひ、お薦めしたいです。
他の作品に比べてやや難しい言葉づかいも出てきますが、児童文学の巨匠”後藤竜二”さんの作品なので、時代背景さえ飲み込めば、とても読みやすいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


後藤 竜二さんのその他の作品

どーだっ! / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / 後藤竜二童話集(全5巻) / 後藤竜二童話集1 / 後藤竜二童話集2 / 後藤竜二童話集3



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

尼子十勇士伝 赤い旋風篇

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット