ねこのたくはいびん ねこのたくはいびん ねこのたくはいびんの試し読みができます!
作: 奧野 涼子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
宅配便って、どうやってとどくの?
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
うたうしじみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うたうしじみ

作・絵: 児島 なおみ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年04月
ISBN: 9784033314105

対象年齢:5・6歳から

出版社からの紹介

しじみ汁をつくるはずだった魔法使いが、しじみたちに心をくだいているうちにいつのまにか自分がしあわせになる不思議な物語絵本。

ベストレビュー

魔法使いとしじみのあったかーい絵本

しじみの絵本ってめずらしいなぁ・・と思いながら手に取りましたが、
これが、とてもかわいくてやさしくて素敵な絵本です。
「ある日、魔法使いは、夕食に食べようと
 しじみをかってきました。
 夕食のしたくをしていると
 しじみたちが、プチプチと
 いびきをかいてねています。
 そしてときどき小さなからだを
 満足そうに動かしています。」
そして魔法使いは、ぐつぐつ煮えたぎったダシの中に
しじみを入れてしまうことが出来なくなってしまいます。
そして同居猫のトラジに「こんばんもまた、実なしのみそ汁じゃ」と舌打ちされてしまうのです。
そうか・・あのプチプチはいびきだったのね!
そして時々カタッと動いたりするのは、言われてみれば満足そうで安心しきっているよう。
娘としじみの歌を「プチプチ プッチプチ・・」と歌いながら繰り返し読んでいます。
(FUUさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


児島 なおみさんのその他の作品

偕成社文庫 大おばさんの不思議なレシピ / バク夢姫のご学友  / 伝説の編集者ノードストロムの手紙 / アルファベット絵本 / 聖マグダレナ・ソフィア・バラ / THE STORY OF SAINT MADELEINE



あかちゃんが言いやすいことばで、おしゃべりスタート♪

うたうしじみ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69




全ページためしよみ
年齢別絵本セット