くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
テントとまねっこおばけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

テントとまねっこおばけ

作: リカルド・アルカンターラ
絵: グスティ
訳: しまむらかよ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「テントとまねっこおばけ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ひとりぼっちでたいくつしていたテント。ふと下をみるとテントのまねをするおばけがついてきます! 子犬のテントの心温まる絵本。

ベストレビュー

まねっこおばけの正体は?

「こいぬのテント」シリーズ4。

ひとりぼっちにさびしくなった、こいぬのテントは、外に出て行くと、自分の足にくっついてくる、まっくろけの、あやしいおばけを見つけます。何でもテントのまねっこ。逃げても逃げてもまねっこしながらくっついてくる。なんだ、こいつ?

  きみは ぼくと なかよしに なりたいんだ。

そういって、テントは、このまねっこおばけを友達にします。さて、まねっこおばけの正体は? 娘はテントに話しかけ、「あのね、本当はね、〇〇っていうんだよ、おばけじゃないんだよ」と教えてあげていました。
(わらはべさん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

グスティさんのその他の作品

マルコとパパ / ハエくん / テントのガールフレンド / テントがとってもこわいもの / テントはあかちゃんじゃないよ / テントとおともだち

しまむらかよさんのその他の作品

テントのちいさなは



世界197の国と11の地域を紹介!開いて楽しいイラスト地図

テントとまねっこおばけ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット