貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
銀のうさぎ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

銀のうさぎ

  • 児童書
絵: 高田三郎
著: 最上 一平
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「銀のうさぎ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1984年12月15日
ISBN: 9784406010931

小学校高学年〜中学生向き
A5判上製 154P

出版社からの紹介

手塩にかけて育てたうさぎが、毛皮買いの商人にひきさかれるのを目のあたりにした少女のショックとうさぎへの思いを、幻想的につづる表題作。正月にも帰らない出かせぎの両親を、はげましあいながら待つ兄弟を描いた「夏の写真」など6編。日本児童文学者協会新人賞

ベストレビュー

山形弁の会話・・・

作者、最上一平さんはこの本で日本児童文学者協会新人賞受賞されています
6作のお話が収録されて「銀のうさぎ」もその一つです
山形出身の作者が故郷を舞台に書き現した文章は、どこか東北の雪深い暮らし向きの貧しさや、無口でじっと耐えるタイプの東北人を思わせる人物が登場します
育ててかわいがっていたウサギを売るとはこういうことかと改めて知る事実に驚愕する場面もありましたが、山形弁での人物たちの会話が、ふしぎと関東人の私にも懐かしさを感じさせます
読んでいて心に残るものがあります
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


最上 一平さんのその他の作品

飛ぶ教室 / こころのともってどんなとも / さけが よんひき / 三月十日の朝 / おかめ ひょっとこ / ユッキーとともに

高田三郎さんのその他の作品

クジラ対シャチ 大海原の決闘 / クリスマスってなあに / アンモナイトの夏 / 紅玉(こうぎょく) / やんばるの森がざわめく / 広野の馬



投票ランキング発表!受賞レビューも決定

銀のうさぎ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット