きのこ ふわり胞子の舞 きのこ ふわり胞子の舞
写真・文: 埴 沙萠  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きのこのかさから、ふわりけむりが見えるよ。これは、きのこの「胞子」。いつも見ているきのこの新しい姿を見ることができる写真絵本です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
だいすきなグー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だいすきなグー

  • 絵本
作: ごとうやすゆき
絵: いもと ようこ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,350 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「だいすきなグー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年02月
ISBN: 9784569685250

3〜4歳から
A4判変型上製 32ページ

出版社からの紹介

ぼくはグーがだいすき。でもね、グーがうちへやってきたころ、ぼくはグーのこと、ほんとはこわかったんだ。でも、グーもぼくのこと、こわがっていたね。だから、おあいこだね。グーもぼくもドキドキしながら、ちょっとずつ…ちょっとずつ…。ふたりはなかよしになっていったんだ。

おおきくなっても、グーはずーっとぼくのだいすきなグーのまんま。グーのおもうこと、ぼくはみーんなわかるよ。ぼくのおもうこと、グーはぜーんぶわかってる。ぼくたちはいつもいつもいっしょ。

あるひ、グーがへんなあるきかたをしていていたので、びょういんにつれていった。「グーちゃんはびょうきになってしまったんだよ」。どうしよう…。

「がんばれ! がんばれ!」。フゥーフゥーくるしそうにしているグーに、ぼくはなんどもいった。けれど…。

ロングセラー『ダメ犬グー』の作家・ごとうやすゆき氏と人気絵本作家・いもとようこ氏がつくりあげた感動の物語です。

ベストレビュー

涙が出てきます。

『ぼうのせかいいちたいせつなともだち。
 なまえはグー。
 さみしがりやですごくあまえんぼうなんだ。
 それではみんなにしょうかいします。
 グー、おいで!』       

こんなフレーズから始まる絵本。

ぼくとグーの出会いは、とても怖いという気持ちだった。
動物と初めて触れ合うのって少し勇気がいりますよね。
でも少しずつ仲良くなって、いつしか大親友のような存在に・・・
グーの仕草もとてもかわいらしく、一緒にいるとたくさん良い所が見つかるんですね。

でもグーは次第に元気がなくなっていき、ぼくがほんのちょっと離れてる間にグーは・・・

結末はとても悲しい物語ですが、その中で心の中ではいつもグーと一緒という言葉にとても感動しました。

命の大切さということが物語を通して分かる絵本だなと思いました。
(チルチル☆さん 20代・ママ 女の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ごとうやすゆきさんのその他の作品

いちばんたいせつなもの

いもと ようこさんのその他の作品

いもとようこあいうえおかるた / がちょうのたんじょうび / しあわせ / くろっぺの おはなばたけ / どんぐりと山猫 / たんぽぽのおかあさん



40年以上ご家庭で読まれ続けているクリスマス絵本

だいすきなグー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット