雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
びんぼうがみさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

びんぼうがみさま

絵・再話: 福知 伸夫
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「びんぼうがみさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年01月

5才〜6才向き
こどものとも 2011年1月号
32ページ 26X19cm

出版社からの紹介

あるところに、貧乏な夫婦がいた。どんなに働いてもなかなかお金がたまらない。気落ちしながらも、大晦日に家の掃除をしていると、押し入れの中に小さなじいさまが座っているのに気がついた。それは貧乏神様だった。貧乏神様は夫婦に、大晦日の晩、金銀銅の神様がやってくるので、どれかをつかまえれば、お金ができると教えてくれる。ところが……。

ベストレビュー

いたずら好きな神様

小さい頃読んだ昔話では、夫婦が貧乏神に情が湧いてしまい、福の神が来ても貧乏神を取る、というお話だった気がするのですが、この本の貧乏神さまはイタズラ好きで、厄介者の招かれざる客。
でも夫婦は自分たちに非があった事に気付き、そこからは福の神に頼る事なく自分たちで道を切り開いてゆきます。
ため息をついていたら幸せが逃げていくというのは、もしかしたら貧乏神の仕業なのかもしれませんね。
(miki222さん 30代・ママ 男の子5歳、女の子3歳)

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

福知 伸夫さんのその他の作品

ぱか ぱか / ふじさん おはよう / なにしてあそぶ? 福知さんちの親子あそび日記 / こちょこちょ / わっしょい わっしょい / てのひらむかしばなし はなたれこぞうさま



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

びんぼうがみさま

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット