モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
ばら色タイムカプセル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ばら色タイムカプセル

作: 大沼 紀子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「ばら色タイムカプセル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784591118115

一般
19.5cm x 13cm/326ページ

出版社からの紹介

薔薇の花咲く老人ホーム。
 13歳の家出少女と、一筋縄ではいかぬ老女たちの
 かしましくも楽しい、共同生活がはじまる。

私も60年後、
彼女たちみたいに笑っていたい。
老いは切ない、でも愛おしい。

大事なもんが詰まったタイムカプセル、
開けてみませんか?

13歳の家出少女・奏が流れ着いた場所は、
海が見える町にたたずむ、不思議な老人ホーム『ラヴィアンローズ』だった。
咲き誇る薔薇が自慢のこの施設で、年齢を詐称して働きはじめた奏は、
薔薇園に隠されたある噂を知ることに・・・・・・。
40年以上のときを超えてその秘密が明かされるとき、
止まっていた、みんなの時間がふたたび動き出す。

ベストレビュー

中高生におすすめ

13歳で家出をして老人ホームで住み込みで働くことになった奏。
ホームのオーナー姉妹をはじめ、そこで暮らすお年寄りという言葉が似合わないパワフルな女性たち。
その人たちと接していくうちに、奏は自分のなかの見たくなくて仕舞い込んでいた感情が徐々に開放されていきます。

奏は大人の期待通りに、いつもいい子でいよう、としてきました。
心のバランスが崩れていって、髪が真っ白くなっても、平気なふりをしてがんばっていました。

でも、心の奥にはどろどろと汚いものがながれている、そんな自分が許せなかったので、家出をします。

老人ホームで暮らす「プロの乙女」や家族の悩みを抱えながらも、明るく過ごしているホーム内のクラブのママや、そんな人たちと触れ合いながら、これから自分はもっと色んなことを知って、色んなことを覚えていくんだと前向きになっていきます。

後半はミステリーっぽくもなって、最後まで一気に読めました。
児童書ではないのですが、思春期でもやもやしている中高生におすすめです。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

ばら色タイムカプセル

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット