あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
恐竜探偵フェントン(1) 謎の足跡事件
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

恐竜探偵フェントン(1) 謎の足跡事件

作: B.B.カルホーン
絵: 太田 大八
訳: 千葉 茂樹
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「恐竜探偵フェントン(1) 謎の足跡事件」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

古生物学者の両親をもつフェントンは、大の恐竜好き。父さんの働くワイオミング州の発掘現場で見つかった四本指の足跡の化石。恐竜の種類を割りだしたと思ったフェントンだが、新しい足跡の発見で、謎はふかまっていった…。

ベストレビュー

化石、恐竜が好きなお子さんに

訳が千葉茂樹さん、恐竜の化石が出てくるということで、息子が高学年になった頃の本としていいのではないかと購入して家にあった本です。

もうそろそろ息子が一人で先に読み始めるのではないか?と期待したものの、なかなかそんな気配もなく、読み聞かせを始めると思いの外手ごたえがありました。

恐竜の化石は出てくるのものの、チャットやコンピューターの検索がでてきたりするところは今時の設定です。

何でも手に入る環境だったニューヨークからワイオミング州の発掘現場に来てしまった戸惑い、母親が単身インドへ行ってしまったことから起こる父とのすれ違いなど。

物の感じ方が高学年の男の子が抱きそうな思いだなあと読んでいて思いました。

息子もそんなところにも親近感がわいたこともあるのでしょう。フェントンが実験と実証をしていこうとする姿は大人の私が読んでいてもわくわくするものでした。

化石とか恐竜とかが好きなお子さん、女の子でもこういう科学系要素のある読物が好きなお子さんだとシリーズを一気に読みたくなるのではないかと思います。

やっぱり千葉茂樹さん訳の本にはずれはないと、買っておいてよかったと思えた本でした。

図書館では閉架であったのがとても残念。絵は太田大八さん。装丁が一見地味そうで、子ども一人では手に取らないかもしれないので、内容を知った大人が薦めてやりたい本です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

出版社おすすめ


B.B.カルホーンさんのその他の作品

恐竜探偵フェントン(5) 研究室のスパイ事件 / ハロウィーンの巨人事件 恐竜探偵フェントン 4 / 恐竜探偵フェントン(2) ごちゃまぜ化石事件

千葉 茂樹さんのその他の作品

スピニー通りの秘密の絵 / シャクルトンの大漂流 / もしも地球がひとつのリンゴだったら / 最後のゲーム / ポー 黒猫 / ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ

太田 大八さんのその他の作品

くもの巣とり / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本 / くらす 五感のえほん5 / どうぶつたちのおかいもの / 福音館文庫 えんの松原 / 笠地蔵



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

恐竜探偵フェントン(1) 謎の足跡事件

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット