となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おおきな木のおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおきな木のおはなし

  • 絵本
作・絵: メアリ・ニューウェル・デパルマ
訳: 風木 一人
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月01日
ISBN: 9784893258830

29×22? 32頁

出版社からの紹介

一本の木を通して命のつながりを描いた翻訳絵本

昔、あるところに大きな木がありました。木は、小鳥やリスたちのおうちであり、虫たちの遊び場でした。
春には花を咲かせ、やがて実がなり、その種がこぼれ落ちてたくさんの若木が育ちました。
長い年月が過ぎ、やがて木は死を迎えます。死んでも木は動物や虫たちのすみかでしたが、
少しずつ朽ちて、土にかえっていきました。
そうしているうちに、いつしか木の子どもや孫たちが育っているのでした。あの大きな木のように…。

命の再生を、詩情をたたえた文章と愛らしいイラストで幼児にもわかりやすく伝える絵本。
今、アメリカで高い評価を受けています。

おおきな木のおはなし

ベストレビュー

そうだったように

『A GRAND OLD TREE』が原題。
独特の世界観で一目置いている、風木一人さんが訳出されているということで、
手に取りました。
なるほど、文章の字体も味わい深く、内容も深いものでした。
おおきな木の姿を丁寧に語った作品です。
おおきな木の一年間、そして、その後。
死んでもなお、子どもたちに続く営み。
コラージュのような絵は軽快で滋味深いです。
生き物たちとの交流も、絵の中で息づいています。
小学生くらいから大人まで、しみじみ感じてほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


風木 一人さんのその他の作品

かべのむこうになにがある? / たまごがあるよ / ニワトリぐんだん / とりがいるよ / うしのもーさん / ぬいぐるみおとまりかい



mpiオリジナル絵本・アクティビティブック インタビュー

おおきな木のおはなし

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット