ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
おおきな木のおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおきな木のおはなし

  • 絵本
作・絵: メアリ・ニューウェル・デパルマ
訳: 風木 一人
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月01日
ISBN: 9784893258830

29×22? 32頁

出版社からの紹介

一本の木を通して命のつながりを描いた翻訳絵本

昔、あるところに大きな木がありました。木は、小鳥やリスたちのおうちであり、虫たちの遊び場でした。
春には花を咲かせ、やがて実がなり、その種がこぼれ落ちてたくさんの若木が育ちました。
長い年月が過ぎ、やがて木は死を迎えます。死んでも木は動物や虫たちのすみかでしたが、
少しずつ朽ちて、土にかえっていきました。
そうしているうちに、いつしか木の子どもや孫たちが育っているのでした。あの大きな木のように…。

命の再生を、詩情をたたえた文章と愛らしいイラストで幼児にもわかりやすく伝える絵本。
今、アメリカで高い評価を受けています。

おおきな木のおはなし

ベストレビュー

命のつながり

絵がとても豊かな色彩で描かれていて、四季や時間だけではなく、空気や温度も感じさせられました。とてもすばらしい絵だと思います。
お話自体も、生き物が死んでいくこと、そのあとに、また新たな命が誕生することを感じさせてくれます。
命のつながりを考える絵本だと思います。
(こにゃららんさん 20代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


風木 一人さんのその他の作品

ニワトリぐんだん / とりがいるよ / うしのもーさん / ぬいぐるみおとまりかい / ふしぎなトラのトランク / こくばんくまさんつきへいく



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

おおきな木のおはなし

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット