ねがえり ごろん ねがえり ごろん ねがえり ごろんの試し読みができます!
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ニルスのふしぎな旅 (上)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ニルスのふしぎな旅 (上)

  • 児童書
作: セルマ・ラーゲルレーヴ
訳: 菱木 晃子
画: ベッティール・リーベック
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ニルスのふしぎな旅 (上)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784834022735

小学高学年から
ページ数:520 サイズ:21X17cm

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

役立たずのただの悪戯小僧だったニルスは、ガチョウのモルテンやガンのアッカたちと北に向けて旅をするうちに、仲間の命を助けたり小さな動物を護ってあげたりして、みんなに信頼される少年になっていきます。

ベストレビュー

スウェーデンの自然

親としては読み聞かせをしているうちに名作に触れてほしいという思いかがあり、読む時期を前から考えていたのがこの本です。

長い時間をかけてようやく読み聞かせ終わりました。といっても上巻のみですが。

私はアニメでも見たことがあり、原作は読んだことがないものの印象に残っている話でした。

読み聞かせしてみてニルスが主人公だからニルスが中心と思ったらそうでもなく、スウェーデンのいろんな場所や動物たち自然の様子がきめ細かく出てきます。

どの国でもそうですが、土地の改革が自然の破壊へつながってしまうこと、経済の成長をとるのか自然の維持を願うのかという点は万国共通の問題に思いました。

元々は旅行案内のような側面もあったということを後で教えてもらいました。

いたずらっ子であったニルスがトムテに変えられてしまうのはある意味仕方がなかったのかなと思いつつ、いつ人間に戻れるのかがやはり気になるところでした。

まだ上巻のみなので下巻を読むのを楽しみにしています。ニルスと共にスウェーデンのあちこちを旅している気持ちになります。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


セルマ・ラーゲルレーヴさんのその他の作品

ニルスが出会った物語 (6) 巨人と勇士トール / ニルスが出会った物語 (5) ワシのゴルゴ / ニルスが出会った物語 (4) ストックホルム / ニルスが出会った物語 (3) クマと製鉄所 / ニルスが出会った物語 (2) 風の魔女カイサ / ニルスが出会った物語 (1) まぼろしの町

ベッティール・リーベックさんのその他の作品

ニルスのふしぎな旅 (下)

菱木 晃子さんのその他の作品

のんびり村は大さわぎ!  / トムテと赤いマフラー / はじめての北欧神話 / トーラとパパの夏休み / あたしって、しあわせ! / ヴィンニ!(2) ヴィンニとひみつの友だち



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ニルスのふしぎな旅 (上)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット