しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
大森林の少年
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大森林の少年

  • 絵本
作: キャスリン・ラスキー
絵: ケビン・ホークス
訳: 灰島 かり
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「大森林の少年」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年11月
ISBN: 9784751519769

小学校中学年〜中学生
29×25cm 48頁

出版社からの紹介

10歳のマーベンは、生きのびるために北の大森林へ向かった。木材の伐採現場で会計係を務め、成長する少年の姿を描いた美しい絵本。

ベストレビュー

10歳の少年が主人公

1918年の冬にインフルエンザが流行したミネソタ州ダルースの町。10歳の少年・マーベンは木材伐採現場に疎開することになります。

読み聞かせをしているのには気がつかなかったのですが、この少年だけでも生き残る道を見つけたいという親の思いは、ユダヤ人でロシアからアメリカへ移住してきていることと関係がありそうです。

今はインフルエンザでも即効性のある薬があり、死にいたる病気ではないので、息子も「インフルエンザで?どうして?」という思いだったようです。

マーベンは、木材伐採現場で帳簿の手伝いをしたり作業員たちを朝起こす仕事をしたりします。

ちょうど息子が今10歳、マーベンのようなたくましさが果たして育っているのかはわかりませんが、どんな状況でも自分なりに道を開いて歩いて行ってくれたらと思いました。

厳寒の場所で過ごすこと、子どもでも仕事をすること、マーベンがこの短い疎開の中で学んだことは多かったことと思います。

ジャン・ルイとマーベンとの友情にもぐっとくるものがありました。

今は読み聞かせが盛んになってきて、小学校のでも読み聞かせだと15分ぐらいまで。

この本は、読み聞かせをすると30分はかかってしまうし、10歳ぐらいからだと絵本に手をのばさないお子さんも出てくると思うのですが、読み応えがある絵本なので、高学年のお子さんに薦める機会があればいいなあと思いました。

10歳の少年が主人公で冬の話ということで、『ピートのスケートレース』が浮かびました。併せて読んでみると、10歳周辺のお子さんはわくわくした気持ちになるのではないかと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


キャスリン・ラスキーさんのその他の作品

ガフールの勇者たち エピソード0 / ファオランの冒険(2) 運命の「聖ウルフ」選抜協議会 / ファオランの冒険(1) 王となるべき子の誕生 / ガフールの勇者たち(15) 〈炎の石〉を賭けた大戦 / ガフールの勇者たち(14) 神木に迫る悪の炎 / ガフールの勇者たち(13) 風の谷の向こうの王国

ケビン・ホークスさんのその他の作品

おおきなわんぱくぼうや / いもうとが ウサギ いっぴき たべちゃった / としょかんライオン / ぼくはだれもいない世界の果てで  / ウエズレーの国

灰島 かりさんのその他の作品

ランドルフ・コールデコット ―疾走した画家 / てっぺんねこ / たんていネズミ ハーメリン / 女の子のための人生のルール188 / おどかさないでよ、ガオくん! / とけいのあおくん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

大森林の少年

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット