十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
こぶたかげこぶた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こぶたかげこぶた

作・絵: 小野 かおる
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥743 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「こぶたかげこぶた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年4月10日
ISBN: 9784834018332

読んであげるなら・2才から

出版社からの紹介

散歩の途中、5匹のこぶたは自分の影を発見。かげこぶたは、ぞうの大きな影に飲み込まれたり、せいたかのっぽになったり、……。こぶたと変幻自在なかげこぶたのお話。

太陽が照る中、5匹のこぶたが、ぶたの母さんとおさんぽ。こぶたは歩きながら、自分たちと一緒に歩く影を発見。こぶたの影だから、かげこぶた。かげこぶたは、まねしんぼう。こぶたが飛べば、かげこぶたもぴょーん。ところが、ぞうがやってきて、ぞうの大きな影に飲み込まれると、かげこぶたはいなくなってしまいます。でも、ぞうが行ってしまうと、再びかげこぶたが戻ってきます。夕方、日が西に傾くと、かげこぶたは、にゅーっとのびて、せいたかのっぽのかげこぶたに。そしてお日さまが沈むと、かげこぶたも消えてしまいます。ところが、お月さまがでると、またまた、かげこぶたも姿を現します。かげこぶたは、お月さまとも仲良しだったんですね。

ベストレビュー

もぉー!かわいい!!

こぶたが、自分の影をみつけて・・・
そう!かげこぶた!!
かげこぶたで遊ぶんです。
こぶたが飛ぶと、あらら
かげこぶたも真似して、飛んでる(笑)
大人の私たちだと、そんなにたいしたことなく、影が、同じ動きをするのは当たり前!じゃないですか?
でも、子供の反応は・・・。
もう、おおうけ!!
もちろん、絵本の内容もかわいいんですけど、見てる子がかわいい!
外では、影をみて、「あっ!かげこぶた(笑)だぁ〜」と。
「真似してる!真似してる!」と。
かげこぶたがはやってます!
(いちごちゃんさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小野 かおるさんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 ねずみのおよめさん / こんや、妖怪がやってくるー中国のむかしばなしー / たぬきのばけたおつきさま / トン・ウーとはち / くまさん くまさん おはいんなさい / みぎあしくんと ひだりあしくん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

こぶたかげこぶた

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.32

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット