ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
マーリャンとまほうのふで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マーリャンとまほうのふで

訳: 君島 久子
イラスト: 若菜珪
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

「マーリャンとまほうのふで」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

ラストシーンから感じること。

挿絵はわかなけいさんです。
中国の昔話で、原文はホン=シュンタオさんが書いています。
「筆」というものが高価で、普通の人にはなかなか手に入れることができなかった時代のお話で、
絵を描くことが大好きなマーリャンが、仙人からもたった不思議な筆で描いたものが、現実のものになるというお話でした。
こういう話は今もマンガやゲームの世界の設定としてよく使われている気がします。

面白いのはラストシーンで、日本の昔話だと、主人公はお金持ちになって幸せに暮らしました。って終わり方が多いのですが、
中国の昔話をいくつか読んで気づいたのは、中国の昔話は自分のもともと住んでいた土地などに戻って、「元の暮らしに戻り」幸せに暮らしました。と、終わるのです。
こういうところを読むと、日本とはやはりどこか違う民族性を持っているんだなぁと、感じました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

出版社おすすめ


君島 久子さんのその他の作品

こんや、妖怪がやってくるー中国のむかしばなしー / 犬になった王子 チベットの民話 / ながいかみのむすめ チャンファメイ / おひゃくしょうとえんまさま 中国民話 / 21世紀版少年少女世界文学館(23) 西遊記 / 「王さまと九人の兄弟」の世界

若菜珪さんのその他の作品

わかがえりのみず / つるのおんがえし / うみにぽっかりくじらじま / とんでけとんでけわがままむし / 紙芝居 さるかにがっせん / ガツーンとぶつかるはなし



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

マーリャンとまほうのふで

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット