ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
みなみの島へいったんや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みなみの島へいったんや

作: 止揚学園
編: 福井 達雨
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「みなみの島へいったんや」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年02月
ISBN: 9784033230504

26cm×21cm 32ページ

出版社からの紹介

重い知恵遅れの子どもたちが、シンガポールへ旅行しました。その印象を子どもたちがはり絵にまとめた、鮮烈で美しい絵本です。

ベストレビュー

パワーに満ち満ちた作品

赤羽末吉氏の「私の絵本ろん」に
あったので
気になって
図書館にリクエストしていました

すごい力作!
ちぎり絵の重厚さに
びっくりです

独特の色使い
ばっと目に飛び込んでくる感じなんです

文章も手書き
ひとつひとつの文字を
一生懸命書いたんでしょうね
ことばも
素直な話し言葉のようです

本当に楽しかったんでしょうね
開放感や
つながりや
いろんなこと感じたのでしょうね

「本ものとの出会いを求めて」という
学園総リーダーの福井達雨氏の
文章にも
この時代は、確かにそうだった・・・
まだまだ障害についての偏見はありましたし
閉鎖的・・・
イベントについても
本当に、それは、誰のため?に行われるもの?
と疑問に思われることも・・・
と、振り返ります

そんな時代に
子ども達のために
周囲がなんと言おうと
本物を体験させるーという意識と実践
していた方々の存在
すごいことです

そして、感じたことを
いろいろな模様の紙とか
使用しての貼り絵、絵本という作品
今は、もっとさまざまな素材もあるでしょうし
作品も貼り絵以外でも
表現出来るとは思いますが
うまく言葉や体で表現出来にくそうに見える
子ども達のひとつの作品として
1980年代の
この1冊は、素敵なパワーを持った作品です
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

福井 達雨さんのその他の作品

おばあちゃんをすてちゃいやだ!! / みんなみんなぼくのともだち



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みなみの島へいったんや

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット