このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ!の試し読みができます!
文: イダン・ベン=バラク 絵: ジュリアン・フロスト 訳: 福本 友美子  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
読み聞かせに大人気! 顕微鏡で見たきもちわるーい写真と、 細菌のキャラクターが面白い!  手洗い習慣も身につく絵本。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
まわるおすし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まわるおすし

  • 絵本
作: 長谷川 義史
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年03月
ISBN: 9784893095350

250×205mm
上製 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

今日はお父さんの給料日。家族みんなでお寿司を食べる。店の前で輪になって、お父さんのゲキに合わせて「ファイト オー!」 お父さんがひじに手をやったら、青いお皿のサイン。まわるお寿司から目を離さないように、次は黒いお皿へ。クライマックスのお皿の色は、もちろん自由。さあ、何を食べる? 

まわるおすし

ベストレビュー

この一家団結の空気がおとうさんの給料日っていう設定がイイ  

 長谷川先生の作品を目にしちゃ、読まないで通り過ぎるわけには行きませんよ。
 今度は、回転寿司ですか。
 見返し(前)を開いて、おっ、魚の漢字がびっしり!“おこぜ”と“こち”は読めませんでした。
 まさかと思いながら、本文を飛ばして後見返しをそ〜っと開いたら、さすが長谷川先生!こちらも違う魚の漢字がいっぱい。
 しばらく眺めて、ワクワク感を楽しんでから、扉絵から読みました。

 あ〜、この一家団結の空気が、おとうさんの給料日っていう設定が、昭和の雰囲気を思い出させてくれますねぇ〜。
 一巡見送る用意周到さ・青いお皿から黒いお皿、そしてクライマックスの皿の色自由タイムに爆笑です。
 そして、おかあさんが財布から取り出す“あかだしサービス券”で息子が、「やるぅ〜」ってカラカラ大笑い。

 読み直してみて、おとうさんあんまり食べていないような気がします。おなかいっぱいになったのかしら?
 フィニッシュタイムにはまちを取ってしまい、見逃し食べ損なったサーモンを見つめ悔しがる息子へ黙って手渡すおとうさんのカッコ良さ、いいですねぇ〜。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川 義史さんのその他の作品

おならまんざい / 天女かあさん / サンカクさん / だじゃれ世界一周 / それゆけ!長谷川義史くん / じてんしゃのほねやすみ



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

まわるおすし



全ページためしよみ
年齢別絵本セット